悩みとおさらば!中学生・高校生のワキガ対策

2018年9月5日

ワキガ

悩みとおさらば!中学生・高校生のワキガ対策
ワキガの原因となるアポクリン腺は思春期から活動を始めるので、中学生や高校生になって急にワキガが発症することもあります。早い人だと小学生の高学年で発症する人もいるので親ならば気をつけてあげたいですよね。

 

中学生・高校生はココロもカラダも不安定な時期で、イジメや他人を見下すことによってココロを安定させようとする子どもも少なくありません。

 

そんな時ワキガの子というのは標的にされやすくなってしまいます。また、イジメがない場合でも重度のワキガの場合は慣れていないということからか周りが距離を置くことも・・・。もともとワキガは体質であって不潔な臭いとは全く別物なんですが、そこを理解していない方が意外と多いことが残念です。

 

では中学生・高校生の子どもがワキガだった場合にはどのような対策をすればよいのでしょうか?

中学生・高校生のワキガ対策

中学生・高校生の子どものワキガ対策は大人と全く同じというわけにはいきません。というのも、体育や部活など、大人よりも目一杯汗をかく機会がありますし、学校内の温度も常に快適な温度に保たれているわけではないからです。

 

それに思春期になると食欲も増大します。友達とファーストフードを食べに行ったり、小腹を満たすために食べるお菓子の量が多くなったりと食生活の面でもワキガのニオイが出やすいです。

 

このような子どもの生活を踏まえた上で、子どものワキガ対策のポイントを見ていきましょう。

ワキガの原因をしっかりと教える

なぜワキガのニオイがするのか、それを知らずにニオイ対策しようとすると、制汗剤やデオドラントを多用してしまったりと肌に負担をかけてニオイが悪化する原因になってしまいます。

 

子どもがワキガの原因を理解することで正しいニオイ対策する助けになります。

外出時や普段の対策

外出時や普段の対策

制汗よりも殺菌を重視したデオドラントを使う

運動して大量に汗をかくと、制汗剤をつけていても抑えきれません。また、思いっきり汗をかく事で汗腺が鍛えられます。

 

なので、なるべく殺菌してニオイの発生を抑えてくれるデオドラントを選びましょう。やはりワキガ専用のワキガクリームが一番効果的です。中でも子供でも使えるやさしいつくりになっているのがいいでしょう。

 

例えば以下のクリアネオクリームは低刺激でワキガ臭を朝から晩まで抑えてくれました。子供でも使えるような肌にやさしいつくりになっているので安心して使うことができます。
中高生のワキガ対策におすすめなクリアネオクリームを公式サイトで見てみる

正しいデオドラントの使い方をする

子どもには、デオドランドを使うときは必ずワキをウェットティッシュなどで清潔にした後に使うように教えましょう。運動した後に汗を拭かず、そのままデオドラントを使ってしまうとニオイが混ざって強いニオイになってしまう可能性があります。

服に殺菌・消臭スプレーをかけておく

制服や運動服のワキ部分にあらかじめ殺菌・消臭スプレーをかけておくことでニオイがしずらくなります。

家でのワキガ対策

家でのワキガ対策

帰ってきたら服はすぐにつけ置きする

汗や制汗剤のついた服をそのままにしておくと、黄ばみやニオイが服に残る原因になってしまします。なるべく早く服の汚れをとるようにしましょう。

ワキの洗い方や使用する石鹸・ボディソープに気をつける

やはり臭いを落とすには洗うことが一番効果的です。洗うことはニオイを抑えるというよりも消すことがメインですが、しっかりと洗わないとニオイ物質が残り、ニオイが発生しやすくなってしまいます。しっかりと洗ってニオイを落とせていればデオドラント剤の効果を長持ちさせてくれます。

 

また、デオドラント剤を使っている場合はきちんと落とさないと毛穴がつまり炎症を起こしたりニオイを強くする原因になってしまいます。炎症が起これば臭いを抑えるバリア機能も弱まるのでニオイが発生しやすくなってしまいます。

 

ですので、脇の下を石鹸やボディソープで丁寧に洗って一旦リセットすることはニオイ対策にとってとても大切と言えるのです。

 

普通の石鹸・ボディソープでも肌に合っているのであれば体臭予防に効果的な洗い方に変えるだけで結構ニオイ対策ができますが、こだわるのであれ体臭対策用の石鹸・ボディソープを使うとより効果的です。普通の石鹸では不十分と感じた時に使ってみるといいと思います。
参考体臭対策に効果的な石鹸の選び方!おすすめは?

間食に気をつける

お腹が空くとついつい簡単に食べられるお菓子を食べてしまいがちです。お菓子は脂質と砂糖の含有量がとっても多いので食べ過ぎはニオイを強くします。好きな食べ物を我慢すると逆によくありませんが、なるべくお菓子よりも果物を常備したりと、間食を工夫させるといいでしょう。

中学生・高校生のワキガ手術はリスクが高い?

子どもがワキガで悩んでいたら、日々ワキガで悩まなくても良くなるようにと手術を受けさせるべきか悩みますよね。しかし、中高生でワキガの手術を受けるのは手術痕が残ったりするリスクが高いと言われています。

 

というのも、思春期の子どものカラダは日々成長しています。なので成長とともにワキの皮ふは伸びますが、その時に手術した所につっぱり感や違和感が残ることがあるそうです。手術の場合にはワキに傷跡が残る可能性もあり、思春期の子どもにとっては気になりますよね。

 

手術の後も長い間痛みに悩まされたり、運動が出来ないなど、学校に通う子どもにとって手術を受けることは現実的ではないように思えます。

どうしても中高生・高校生でも安心してワキガ治療したい場合は?

中高生・高校生でのワキガ手術は傷跡や痛みが残ったり、成長とともにワキに違和感を感じるなどのリスクがあるので、それらを考慮する必要があります。

 

ですが、どうしてもワキガ治療をしたい場合もあると思います。そのような場合は、ワキに傷跡が残らなかったり、術後の回復が早いなど、子どものワキガに推奨されている治療方法を検討してみるといいでしょう。診察してもらい、必要ならば治療を受けるのが良いかもしれません。

 

病院を選ぶ時は安さや近さではなく、本人と親が安心して相談できる病院を選ぶようにしましょう。病院を選ぶ時のポイントは主に3つあります。

多数の治療法を扱っている

様々な治療法を扱っていることで、自分の子どもに合わせた治療法を選ぶことが出来ます。それぞれの治療法のメリットやデメリットを聞いて子どもが安心できる治療法を選ぶことができます。

病院で扱った症例の多さ

これまでに様々な患者さんの治療をしている病院の場合、それまでの経験から、子どものワキガの状態に対して適切な治療法を提案できる可能性が高いです。

手術後のケアがしっかりしている

治療の後にニオイが再発してしまった場合にどのような治療になるのかについて聞いておくことも大切です。ワキガの治療をしてもらったにも関わらず再発してしまうことは少なくないようなのです。

 

再発した後の治療やそれにかかる費用などもきいておくと良いでしょう。病院によっては一度目で効果が余り出なかった場合は二回目の治療費は半額など、病院によって異なるようです。

ワキガ手術は最終手段!まずは自宅でできる対処を試してみましょう

中学生・高校生で家でワキガの臭いを抑える方法はたくさんあります。ニオイの発生を抑えるにはまずはニオイを消してリセット。そして、新たなニオイの発生を防ぐことです。

 

リセットは洗うこと。そしてニオイの発生を防ぐにはデオドラント剤を利用するという方法があります。市販のデオドラント剤ではあまり効果が実感できないのであれば、ワキガ対策用のワキガデオドラントクリームを使ってみるといいでしょう。満足できる効果が得られれば大きなリスクを背負うことなく数千円で済みます。
参考ワキガに効くデオドラントランキング!おすすめはどれ?

 

それでも気になる場合には病院へ相談に行き、解決方法を探すといいと思います。

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る