酸っぱいニオイがする体臭の原因と対策

2018年6月7日

汗とニオイに関係すること

体臭には、脂っぽいニオイやポマードのようなニオイ、雑巾のようなニオイなどさまざまなニオイがあります。

酸っぱいニオイがする体臭の原因と対策

中でも、酸っぱいニオイは普段よく嗅ぐのではないでしょうか。汗臭さの代表的なニオイであり、よく満員電車の中ではこのニオイがしていますね。そんな酸っぱい体臭には、汗の酸化や雑菌の繁殖以外にも原因があります。

酸っぱい体臭の原因

もともと汗はほとんどニオイがありませんが、酸っぱいニオイを放つ体臭の場合は、汗自体に多くのアンモニアを含むようになることで汗そのものが臭うようになります。要因は血行不良と肝機能の低下によって体内のアンモニア濃度が高くなるからです。

血行不良による酸っぱい汗

普段、体はTAC回路という酸素を使った完全燃焼系によって、食事で得た栄養分をエネルギーに変換しています。しかし、血行不良になると、汗腺などの消耗組織への酸素供給が減少して酸素不足になります。すると、体は酸素を使わない解糖系という不完全燃焼系によってエネルギーを供給することになります。解糖系では副産物として疲労物質の乳酸が発生し、一緒にアンモニアも生成されます。その結果、アンモニアが入った臭い汗が発汗されてしまうのです。

 

血行不良による酸っぱい汗は、体に酸素不足を起こす過度な運動やストレス、食事制限のみの間違ったダイエット、運動不足による汗腺機能の低下などが要因になります。

酸っぱい体臭の原因

この汗は、アンモニアを多く含むので、肌環境を雑菌が繁殖しやすい弱アルカリ性にしてしまいます。アルカリ性に傾いた環境は雑菌にとって繁殖がしやすい環境です。そのため、汗をかいたら早めに拭き取るなどして対処しなければニオイが直ぐに発生してしまいます。とてもニオイが生まれやすい汗といえるでしょう。

 

特に食事制限のみの間違ったダイエットによる体臭には注意が必要です。悪化すると甘酸っぱい臭いがするようになります。これは、糖尿病と同じケトン体という物質が原因です。そのまま放置すると、呼吸や息が臭くなり、自律神経やホルモンバランスが崩れ、さまざまな体の異常をもたらします。この状態になると、食生活を改善しても臭いが後まで残る恐れがあります。

肝機能の低下による酸っぱい汗

肝機能の低下による酸っぱい汗

アンモニアは体内でタンパク質が分解されたときに生成され、通常は肝臓で無毒化して体外に尿として排出されます。しかし、肝機能が低下すると分解しきれずに残ったアンモニアが血中に混ざって全身をまわります。するとその血液が汗腺に届いてアンモニア濃度が高い汗を発汗するようになるのです。

 

肝機能の低下による酸っぱい汗が発生する主な要因は以下のような生活習慣です。

  • 疲労を溜めている
  • ストレスを溜めている
  • 暴飲暴食をしている
  • 喫煙をしている
  • 便秘がち
  • 睡眠不足が続いている

中でも、もっとも影響があるのは便秘と言えます。便秘によって腸内環境が悪化して肝機能を低下させるからです。その場合、酸っぱい汗だけでなく口臭もクサくします。

 

そのことについては以下のページで対策方法も合わせて解説しているので確認してみて下さい。(新規タブで開きます)
「腸内環境」の改善は肝臓による口臭と体臭を防ぐ!

酸っぱいニオイがする体臭の予防と対策

酸っぱいニオイがする体臭の対策方法を3つの項目に分けて紹介します。

①アンモニアに効く対策をする

酸っぱいニオイの原因物質は主にアンモニアなので、アンモニアに効く対策をすると効果的です。

酢をつかう

お酢は酸性です。なのでアルカリ性のアンモニアと逆の性質を持つお酢を使うことで、アンモニア臭を中和させることができます。その上お酢は抗菌効果もあります。脇の下など雑菌が関係するニオイの気になる部分に使うことで、原因菌を抑える効果も期待できます。

 

お酢自体、ツンとくるニオイがありますので、使用するのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、普通の米酢よりもお酢のニオイがきつくない、リンゴ酢などの果物から出来ているお酢を使ってもよいでしょう。500ccのお酢に塩ひとつまみ入れるとさらにお酢の効果が上がります。

 

使い方は2つあります。まず1つ目は入浴剤として使う方法です。酢をいれて湯船に浸かることで、汗腺で発生する乳酸とアンモニアの発生を抑えられるといわれています。他にも殺菌効果や発汗効果があり、体臭改善効果も期待できるスグレモノなのです。

 

また、天然の入浴剤を使った薬用風呂も体臭対策に効果的と言えます。詳細は以下のページで解説しているので確認してみてください。(新規タブで開きます)
体臭予防に効果がある天然の入浴剤!薬用風呂を紹介

 

2つ目はお酢の湿布です。コットンやガーゼなどにお酢を含ませて、アンモニア臭の気になる部分に湿布するのです。

 

夜、入浴後にお酢をたっぷり含ませたコットンを5分間くらい湿布して、剝がした後乾いたら服を着てそのまま寝てしまい、朝、シャワーで軽く洗い流す、という方法が簡単でとても効果的な使い方です。お酢の消臭や抗菌の力が眠っている間にアンモニア臭を解消してくれます。

弱酸性のボディソープ・石鹸を使う

本来、健康な肌表面は弱酸性ですので、同じ弱酸性のボディソープを使うことが理想的です。そのまま使うだけでアルカリ性のアンモニア臭は洗い流されます。ただ、ボディソープで洗った直後はアンモニア臭が消えてくれますが、表面的なニオイを消してくれるだけなので、消臭効果が長続きすることはあまり期待出来ません。

 

少しでも消臭効果を長持ちさせたいのであれば、抗菌効果があるボディソープを使うと良いでしょう。
参考体臭予防に効果的な石鹸の選び方!おすすめは?

消臭サプリを利用する

手っ取り早くニオイを消臭したい場合は、消臭力が高い体臭対策サプリを利用すると効果的です。サプリメントを使うことで、体の中からニオイの原因に直接作用して、ニオイの軽減に役立ってくれます。

酸っぱいニオイ全般の臭い対策には「メンズデオ8400」

酸っぱい臭いや刺激臭、メチルメルカプタン系の消臭には、鉄クロロフィンナトリウムが有効だと言われています。この成分が使われているサプリはメンズデオ8400です。

メンズデオ8400
他にも消臭力が高い茶葉エキスや柿タンニン、整腸作用があるオリゴ糖やシャンピニオンエキス、デオアタック、センスピュールも含まれており、酸っぱい体臭対策には有効なサプリと言えるでしょう。
公式サイト4大ニオイ成分配合!メンズデオ8400
参考メンズデオ8400(旧メンズデオ7200)のお得な購入方法と体臭への効果は?

 

その他のサプリをご覧になりたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。
参考体臭予防サプリは体臭の特徴によって選ぼう!おすすめは?

乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などを積極的に摂取する

肝機能が悪化する原因には、腸内環境の悪化があります。肝臓と腸はお互いにいろいろなやり取りをしているからです(腸肝循環)。そのため、肝機能低下による酸っぱい体臭を防ぐためには腸内環境を整える必要があります。

 

なので、便秘がちや肉食中心の食生活の場合は、腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖を積極的に摂取すると効果的です。普段の食事でこれらの栄養を摂取することで少しづつ解消されるでしょう。
参考腸内環境が体臭と口臭に与える影響!腸内の汚れが臭いをつくる

デオドラントなら柿渋エキスがいい

デオドラント製品を使って消臭したいのであれば、柿渋エキスが配合されているものを選ぶと良いでしょう。柿渋エキスには強い消臭効果があり、その効果は茶エキスの25倍!しかも、柿渋エキスには抗菌効果もあるので肌表面の雑菌の繁殖を防ぐこともでき、汗と菌が混ざってイヤなニオイへと変化することも防いでくれます。

 

柿渋エキスを使っているデオドラントクリームなどが簡単に通販で購入することができます。

②汗をかかない環境をつくってニオイの発生を防ぐ

ニオイは汗が元になっているので、汗を必要以上にかかないようにすれば酸っぱいニオイを防ぐことになります。

通気性のよい服を選ぶ

汗のかきやすい脇の下に、服の生地がピッタリとくっついたデザインの服は汗をかきやすい服装です。脇の下にゆとりのあるデザインを選ぶなど、同じTシャツでも少し脇の下にゆとりがあるだけで、通気性がよくなり、脇の下に汗をかきづらくなります。

速乾性、抗菌効果がある服

汗をかいてもすぐ乾く速乾性のある服や、抗菌効果がある生地の服であったりすると、汗と菌が混ざってさらに菌が繁殖するのを防ぐことができるため、ニオイを軽減できます。

 

最近はファストファッションブランドで売られているタンクトップやTシャツなどでも、涼しい素材や速乾性のある生地を使って販売されているので簡単に購入しやすくなっています。デザインだけでなく、機能面からも着用するものを上手に選んで汗のニオイを防ぎましょう。

清涼感があるデオドラントシートを使用する

デオドラントシートを使うのもアンモニア臭対策として効果が高いです。除菌剤入りのタイプのシートも種類が豊富にありますので、ニオイの気になった時に汗などを拭きとりながら同時に除菌ができます。

 

除菌ができるとその後の菌の増殖が遅くなりますので、ニオイの復活も遅らせることができます。拭き取ったあとは清々しい清涼感と共に、メントールやスッキリした香りを楽しむこともできます。

デオドラントシャワーをつかう

最近はデオドラントスプレーでも、ガスが入っていないタイプも増えてきているようです。パウダーが配合されているものもあります。スプレータイプの制汗剤でもガスが入っていないので、パウダーが多く配合されていても目詰まりしづらいからかもしれません。スプレーした後にパウダーが肌をサラサラにしたり、このパウダーによって比較的良い香りが持続しやかったりすることが特徴でしょう。

 

デオドラントシャワータイプで代表的なもののひとつに、SEA BREEZE(シーブリーズ)という製品があります。バブル時代に流行りはじめ、そのころはメントールの強い独特香り1種類のみでしたが、現在ではDeo&Waterというシリーズでは香りがたくさん増え、見た目もカラフル、パウダー入りもあります。

 

シーブリーズのDeo&Waterは、本来大きなボトルタイプ。コンビニ限定ですが小さめで携帯に便利なスプレータイプが販売されていますが、ずっと使い続けるとなると少し割高になります。そんな時は大きいボトルタイプの物を量販店やアマゾンなどで購入して、容器を良く振った後にコンビニで購入したスプレー容器に詰替えして使用すれば、価格が抑えられて経済的です。

③汗の質をよくする

汗の質をよくすることで臭いが少ない汗が発汗されるようになります。汗の質を良くするには汗腺機能を鍛えることです。

有酸素運動を心がける

マラソンやウォーキング、サイクリング、ヨガなど酸素をしっかり取り入れる有酸素運動を心がけましょう。もし普段の運動が無酸素運動のような過度な運動であれば、有酸素運動に切り替えると酸っぱい汗をかきにくくなります。程よい運動は爽やかな印象を受けますが、それはニオイにおいても同じことみたいですね。

クーラーの当たり過ぎに気を付ける

現代の日常では、家ではもちろん、車や電車、会社やお店の中など、どこでもエアコンなどで過ごしやすい快適な温度が保たれています。

 

しかし、これが日常化してしまうと、汗をかきづらい体になってしまいます。実は汗腺も使わずにいると退化してくるので汗腺機能が低下するのです。エアコンを使ってはいけない、というわけではありません。あまり涼しくなり過ぎないよう、エコにも家計にも体にも優しい適切な温度設定を心掛けましょう。

入浴する

忙しい毎日、バスタブに浸かるのは面倒くさいからと、シャワーだけで済ませてはいませんか?バスタブに浸かる事で毛穴が開き、毛穴に詰まった脂肪や汚れなども落ちやすくなります。

 

シャワーで済ませるよりも、バスタブに浸かった後の方が体も温まるので汗も出ます。血行や代謝も良くなったり、そもそもの原因である疲れもとれやすくなったり、副交感神経も働きやすくなり、ストレスの軽減や質の良い睡眠にも繋がります。質の良い睡眠がとれれば、疲れもとれやすくなり最高ですね。

サウナを利用する

サウナはバスタブでの入浴よりもさらに汗もかきやすく、毛穴も開きやすいので毛穴の脂肪やよごれなどの老廃物を体外へ出しやすくなります。

 

ただ、注意も必要です。

  • 長時間サウナに入る
  • サウナ後の水風呂はなるべく避けて水シャワー程度で済ませる
  • 十分な水分を補給する

といったことを心掛けましょう。汗もかくし、毛穴の汚れは取れやすくなりますが、心臓や脳など、血管への配慮が必要です。長時間のサウナはオススメできません。適度に心地よい汗をかく程度に賢く利用しましょう。

基礎代謝を低下させる間違ったダイエットを避ける

体の基礎代謝をあげて、脂肪を燃焼させなければ健康的なダイエットの成功は得られません。食事制限だけのダイエットはやめましょう。代謝が落ちて逆に痩せにくくなりますし、体臭もクサくなります。なので、必要な栄養はしっかりと摂取して筋肉を付け、代謝を上げて痩せることが体にも体臭にもいいのです。

疲れを溜めない

疲労臭とも言われる体からのアンモニア臭。疲れを溜めないように、とは言っても働き過ぎの現代人にはなかなか難しいことかもしれません。せめて不規則だった生活を少しずつ

 

改善していくとか、肝臓を疲れさせない程度に働くとか、質の良い睡眠がとれるようにするなど生活の見直しをすることが、案外酸っぱいニオイからサヨナラできる近道かもしれません。

汗の質を高めるのに役立ってくれる「アセッパー」

アセッパーは消臭だけでなく汗の発汗を抑え、汗の質を良くすることでニオイを弱くすることを目的としてつくられたサプリです。

アセッパー

消臭成分には柿渋や緑茶、整腸作用があるシャンピニオン、クロレラの4つが配合されており、高い消臭力があります。また、4つのポリフェノールによって、代謝低下によるにおう汗を予防します。そのためアセッパーは、汗っかきの方の汗対策や代謝低下による酸っぱい体臭の対策に向いています。
公式サイトアセッパー
参考汗とニオイの対策サプリ!アセッパーの効果を徹底検証

まとめ

酸っぱい体臭の原因は、血行不良や肝機能低下によって体内のアンモニアが増えることにあります。対策方法としていくつか紹介しましたが、根本を直すにはやはり食生活と適度な運動です。

 

これらは単純ですが実際に実践するのは難しいかもしれません。ただ、食生活はサプリを利用することでかなり負荷は軽減しますし、運動も普段の生活で意識するだけでも違ってくると思います。

 

また、過度に食事制限をしたダイエットはケトン体を増やして甘酸っぱいニオイになります。ダイエットの場合はそのダイエット法を見直しましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。