腋毛を剃るだけでもワキガを抑えることができる?

2016年4月9日

ワキガ

腋毛を剃るだけでもワキガを抑えることができる?
腋毛を剃っていますか?それともそのまま生やしていましか?

 

もしワキガのニオイを抑えたいのであれば、腋毛を剃ることをおすすめします。なぜなら、腋毛はワキガをキツくするからです。なので、腋毛の除毛は脇の下のニオイを抑えるためには必要なケアなのです。その理由と効果について解説します。

腋毛がワキガをキツくする理由!それはご先祖の名残り?

髪の毛は、人間にとって大事な頭を守る働きがあると言われています。

 

しかし、脇の下は頭と違って外部に露出していません。むしろ胴体と腕に挟まれているので、危険にさらされることもないでしょう。女性ではほとんどの人が除毛してますし、男でも腋毛があっても特に利点はありませんよね。

 

では、腋毛は一体何のためにあるのでしょうか?

 

それは元々ワキ毛にはたくさんのニオイを溜めて拡散する役割があったからです。これはまだ人間が今のように脳や視覚が発達していない頃に役立ったと言われています。

 

汗というと今では体温調整としての機能がメインですが、古代人にとってはそれ以外の個人を識別したり、性的アピールとしての役割の方が大きかったと言えます。そのためにはできるだけ強いニオイを遠くに飛ばす必要があったのです。そこで腋毛が役にたったと言われています。

 

現代では人間は動物と違って視覚や脳などの発達しているので、異性を匂いで判別する必要がほとんどありません。ニオイで判断する優先度は下がって、その他の見た目や声、性格、社会的ステータスも重視する傾向が強くなっています。

 

そのためフェロモン作用の必要性が低くなった現代の人間にとって、その媒介役となるワキ毛は生きていく上でほとんど必要ない存在になったと言えます。事実、レーザー手術などでアポクリン腺を焼き切って消滅させても人体に支障が出ないこともそういった事を物語っていると言えるでしょう。

 

つまり、私たちの古いご先祖の名残が今も脇の下に腋毛として残っているんですね。腋毛は私たちが古代から現代まで引き継がれたものと考えると何だか愛おしくなりませんか?

ワキ毛がなくなるといろんな効果が得られる

毛がなくなることでいろんな利点が得られ、結果ニオイを抑えることができます。

  • 皮膚常在菌の繁殖を促す高温多湿を防ぐことができる
  • 毛がじゃまをしないのでデオドラント剤の効きがよくなる
  • ニオイが溜まりにくくニオイ物質の濃度が薄くなる
  • 皮膚常在菌の住み家が減ることによってニオイが抑えられる

脱毛や剃らなくてもカットするだけでも効果あり

ワキガの臭いを強くする要因として毛の影響があるのは間違いありません。なので、臭いを抑えるには毛をなくすことです。

 

脱毛や剃ったりすればより効果が得られますが、人によっては抵抗がある方もいると思います。そんなときはハサミで腋毛を短くするだけも十分効果があります。

 

また、毛抜きで脱毛するのは避けましょう。毛穴や毛根に強い刺激を与え、ワキガの原因であるアポクリン腺の働きを一時的に強めてしまう恐れがあります。それに、毛を抜くと毛穴が目立ちやすくなりますし、刺激が強すぎると毛根から出血してしまうこともあります。それが後になって毛穴の黒ずみとなったりします。

 

なので、脱毛は自分でやらずに専門医に相談してやってもらいましょう。

 

しかし、専門の脱毛処理をしたのにワキガが悪化してしまったという声もあります。その原因はまた別の理由も含んできます。
ワキガを軽減するはずの脱毛が逆にニオイを悪化させてしまう原因と対策

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る