毛穴のつまりがワキガを悪化させる!?スキンケアも意外と大切!

ワキガ

毛穴のつまりがワキガを悪化させる!?スキンケアも意外と大切!ワキは非常にデリケートな場所です。そのため間違ったケアをしてしまうとワキガのニオイは悪化してしまうことがあります。せっかくケアしているのにニオイが悪化なんてつらいですよね。

 

ワキガのニオイが強くなってしまう原因はたくさんありますが、中でも「毛穴のつまり」には注意が必要。なぜなら、

  • 引き起こしやすい
  • より臭いを強くしやすい

という点があるからです。

 

では、毛穴のつまりどんなことが原因で出来てしまうのでしょうか?

 

正しくワキのスキンケアをしてワキガのニオイが強くなる原因を少なくしていきましょう。

毛穴のつまりによるブツブツに注意!ワキガを悪化させる最大の要因?

毛穴のつまりによるブツブツに注意!ワキガを悪化させる最大の要因?
ワキの毛穴がブツブツしている人はいませんか?白いブツブツや黒いブツブツ、中には赤や黄色いブツブツが出来てしまうこともあります。このようなブツブツができた経験のある人はワキのスキンケアをきちんと行わなければいけません。

 

このぶつぶつの正体は皮脂のつまりです。

 

皮脂は必要なものであり、そのままでは問題ありません。しかし、毛穴につまるとやっかいです。その理由は皮脂がつまることで過酸化脂質が発生し、アルデヒド系の強いニオイ物質を発生させてしまうからです。しかも過酸化脂質によって自動酸化が起こるので連鎖的にニオイ物質が発生させます。

 

そのため、皮脂の酸化はワキガ以外の体臭にも大きな影響を与えています。例えば汗臭さを強くするのは皮脂が混ざることが要因です。また、ニオイが強い体臭である加齢臭もこの皮脂の脂肪酸が酸化することでノネナールが発生します。

 

このように皮脂の酸化はあらゆる体臭を強くする最大の要因なのです。

色によってブツブツの種類は4つある

ワキのブツブツには色によって主に4種類あります。

白いブツブツ

1番よく見られるブツブツで、皮脂が溜まることが原因です。糖分の多い食べ物や脂っぽい食べ物を食べることでもできやすくなります。

黒いブツブツ

白いブツブツの原因である皮脂が参加すると黒くなります。もしくは間違ったワキ毛の処理によって埋没毛ができてしまい黒く見えることもあります。

赤いブツブツ

ワキ毛の処理をした際に毛穴が傷ついたり、毛穴の中で出血することで起こりままた、開いた毛穴に雑菌が入り込んで炎症を起こすことで赤いブツブツになってしまいます。

 

赤いブツブツが出来たときは注意が必要です。ワキの毛穴が傷ついているという状態なので、制汗剤などを使用しないようにし、なるべくワキを休ませるように心がけましょう。

黄色いブツブツ

ワキにできた黄色いブツブツやしこりは毛穴の中で炎症がひどくってできた膿の可能性があります。赤くて黄色いブツブツが出来ることが多く、血と膿が混ざっている状態だと考えられます。

赤いブツブツや黄色いブツブツが出来てしまったら?

赤いブツブツや黄色いブツブツであっても過度に心配する必要はありません。自然に治ることもあるようです。

 

なので病院に行く時間のが難しい場合などは「傷を治す」という気持ちでワキ毛の処理を控えたり、制汗剤を使用しない、ワキの摩擦が少ない服を選ぶなど、できるだけワキに刺激を与えないようにしましょう。

 

ですが、痛みが強くなってきた場合はもちろん、病院に行く時間があるなら、なるべく皮膚科を受診して診断してもらいましょう。

 

ひどくなってしまうと慢性化しやすくなり治りにくくなってしまいます。早めの受診が大切です。

ワキのブツブツを作ってしまう原因

ではワキのブツブツはどんなことが原因なのでしょうか?ワキのブツブツを作ってしまう原因は主に4つ考えられます。

①ワキの洗い方

ワキの洗い方が雑だと皮脂などの汚れが残ってしまいます。特に制汗剤を使っている人は毛穴がブロックされている状態なので毛穴の中に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

 

特に「ワキを丁寧に洗っている」と思っていても、すすぎが不十分だとボディソープの洗い流しを忘れている場合があるので注意が必要です。

②毛抜きによるワキ毛の処理

ワキ毛の処理に毛抜きを使う人は多いと思います。しかし、スキンケアをせずにとりあえずワキ毛を抜くということをしてはダメです。

 

ワキ毛を抜くと、毛穴が開いてしまい、そこから雑菌が入り込んでしまい炎症を起こす原因になります。さらに、アポクリン汗腺を刺激してしまうので一時的ですがニオイを悪化させてしまう原因にもなってしまいます。

③カミソリによるワキ毛の処理

肌に押し当てるようにカミソリでワキ毛を剃ったり、切れの悪いカミソリを使う事でワキの肌を傷つけやすくなってしまいます。肌が傷つくと肌荒れや乾燥、炎症を起こす原因を作ってしまい、しかもワキガのニオイが強くなりやすくなってしまいます。

④食生活

油っぽいものや糖分の多いものを多く食べてしまうと、皮脂腺から分泌される皮脂の量が多くなってしまいます。その結果毛穴が詰まりやすくなることがあります。

これでワキガの悪化を予防!毛穴のつまりによるブツブツを防ぐスキンケア

これでワキガの悪化を予防!毛穴のつまりによるブツブツを防ぐスキンケア
ワキにブツブツができる原因を見て分かるように、ワキ毛の処理の仕方とワキの洗い方でワキを傷つけないようにすることが重要です。

お風呂でのスキンケア

ワキのスキンケアにはお風呂がとっても役立ちます。37度~40度のお風呂に20分~30分程度入ることで毛穴が開き、毛穴の汚れが落ちやすくなります。

 

ただ、あまり長く入りすぎると乾燥して逆効果になるので注意して下さい。

 

それから泡立てネットで石鹸やボディーソープを泡立てます。泡立てネットを使うことできめ細やかで弾力のある泡が作りやすく、優しく洗えますしすすぎ残しの心配がなくなります。

お風呂でのスキンケア

また、タオルやスポンジなどでゴシゴシ強くこすったりするのも体臭の観点からするとよくありません。でも強く擦って洗うとスッキリして綺麗になったように感じますよね。

 

ですが、これは一時的に感じるだけで逆により臭いを発生させやすくしてしまいます。

 

その理由は菌の繁殖を抑えてくれる表皮ブドウ球菌という常在菌や必要な皮脂まで除去してしまうからです。これではニオイを抑える体が持つ抵抗力を自ら弱らせているようなものです。

 

近年、無菌であることが清潔というイメージがありますが、体に備わっている大切な菌も忘れてはいけません。洗い過ぎず不潔にし過ぎないというのが一番「清潔」と言えるでしょう。

毛抜きでのワキ毛の抜き方

毛抜きでワキ毛を抜く場合には、上に書いたように温かいお風呂に入って毛穴を開かせてからワキ毛を抜くようにしましょう。そうすることで毛穴にかかる負担が小さくなります。

 

お風呂に入れない場合には蒸しタオルなどでワキを温めてから毛抜きを使うといいでしょう。その後氷水などでワキを冷やして肌を落ち着けましょう。

カミソリでのワキ毛の処理の仕方

カミソリでワキ毛を剃る場合にはキレの良いカミソリを準備しましょう。一度しか使っていないけれどお風呂場に置きっぱなしにしてしまい、錆びているカミソリなどはもったいないですが捨てましょう。

ワキの保湿でスキンケアを忘れずに!

ワキ毛を剃る前にクリームなどをワキに塗っておき、肌を傷つけにくくします。剃るときは毛の流れに沿って剃り、カミソリを押し当てすぎないように気をつけましょう。

 

また、お風呂から上がった後やワキ毛の処理をしたあとは化粧水や保湿クリームを使ってワキの保湿も忘れずにしましょう。ニオイを抑えるのであれば保湿成分を多く含む低刺激のワキガクリームを使うと効果的です。

 

以下のページでは敏感肌の方でも使えるような低刺激で保湿成分を含んだワキガクリームを紹介しています。
ワキガに効くデオドラントクリームランキング!おすすめはどれ?

食生活

皮脂の分泌を多くする油っぽいものや甘いものの食べ過ぎには注意しましょう。付き合いなどで食べすぎてしまった、という時はなるべく野菜や果物をいつもよりもより意識的にとるようにしましょう。

ワキガ対策にはワキのスキンケアも忘れずにしよう!

毛穴がつまるとワキにブツブツができます。毛穴に皮脂が詰まると雑菌が繁殖する原因になり、ワキガのニオイは悪化してしまいます。

 

また、ニオイだけではなく炎症が起きてしまう場合もあるので気をつけましょう。

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る