ワキガ手術の痛みについて!術後に痛みはあるの?

2016年9月3日

ワキガ

ワキガ手術の痛みについて!術後に痛みはあるの?
ワキガ手術で気になる事といえば「痛み」です。手術によって腋の下を切り、アポクリン腺を取り出すのでとても痛いイメージがあります。

 

あまり痛みがないと思って実際に手術を受けてみたら、思ったりも痛かったなんてことになったら大変ですね。それに術後は痛みがどのようになるのかも気になるのではないでしょうか?

 

そこで、ワキガ手術の痛みを中心に解説したいと思います。

ワキガ手術中と術後での痛みについて

手術中はほとんどない?

手術中は麻酔をします。そのため、痛みはありません。あるとすれば、手術前の麻酔をする時の注射の痛みでしょう。

 

ワキガ手術の麻酔は全身ではありませんが、脇の下に複数回します。なので、もし注射が怖かったり、あの痛みが嫌な人にとっては手術前に痛みがあると言えるのではないでしょうか。

ワキガ手術後はタイオーバーによる痛みがある

手術中は麻酔が効いているので痛みがありませんが、皮膚に傷を付けるのでやはり術後には痛みがあります。

 

ただ、その痛みはタイオーバーによる痛みがほとんどです。ワキガ手術の後は、腋の下が皮膚移植をした後と同じような状態になります。そのため、皮下組織と皮膚が動かないようにガーゼでかなりの強さで密着させなければいけません。

 

もしこの密着が不十分だと、出血によって血が溜まり、瘢痕という傷跡が目立つ形で治癒することになってしまいます。ですから、タイオーバーはとても強く糸を結ぶ必要があり、この結び目が痛みになるのです。

 

その痛みの強さは、手術の範囲やその人の皮膚、体型などによって異なります。1日目はかなり痛いことが多いようですが、タイオーバーを除去する4日~5日後にはほとんど痛みがなくなると言われています。

 

痛み止めももらえるので、多くの人は耐えられるようですが、中には耐えられない人もいるようなので、それはその人の感度によると言えるでしょう。

術後の生活は不便に

術後はタイオーバーによって皮膚が突っ張っています。そのため腕は開いてオラオラの状態。腕を自由に動かせないので、疲れますし日常生活は不便になります。

 

軽く動かせるようになるのは、術後約2週間~3週間程度です。そして、1ヶ月くらいすると傷も落ち着いてくると言われています。

 

しかし、ここで激しく動かしたり重いものを持ったりすると傷口が開く恐れがあります。傷口が開いてしまうと、目立った傷が残りやすくなってしまいます。

 

ですから、ワキガ手術を受ける場合は、2ヶ月程度の余裕をもって手術を受けたほうがいいと言えるでしょう。

 

また、術後は傷跡が非常に目立ちます。目立たなくなるまでに約1年~2年程度かかると言われています。
参考ワキガの手術で傷後は残るの?

痛みのない方法はあるの?

痛みのない方法はあるの?
手術には痛みはつきもの。一つだけ、絶対に痛みのない方法があるとすればそれは手術を受けないことです。

 

そのワキガ対策方法は、大きく分けて以下の2つが考えられます。

  • 切らないワキガ治療を受ける
  • ワキガ用デオドラントクリームを使う

切らないワキガ治療を受ける

例えば、絶縁針で毛穴に差し込み、電気の力でアポクリン腺を焼却してしまう電気凝固法であれば痛みはほとんどありません。切らないので傷跡も残りませんし、その日のうちに日常生活を送ることができます。

 

ただ、電気凝固法は複数回実施する必要があり、重度のワキガの場合は完全にワキガをなくすことは難しいと言われています。これはその他の切らないワキガ治療であるミラドライやレーザー・デオドラントも同じです。手術と違ってアポクリン腺を取り出すわけではないので、再発する恐れがあるのです。

 

すそワキガなどのアポクリン腺がほとんど機能していない箇所や軽度のワキガの改善には向いています。ですので、電気凝固法などの切らないワキガ治療はある程度臭いを抑えることを目的にするのに適している治療法と言えるでしょう。

ワキガ用デオドラントクリームを使う

わきが用デオドラントクリームを使うという方法もあります。現在ではワキガへの効果が高いものもあり、普通に生活する分では十分ワキガを抑えることが可能です。

 

実際、以前私はワキガ手術を考えたことがありますが、ワキガ用デオドラントクリームで十分1日中気にせず生活できるようになったので、今では手術を考えていません。

ワキガに効果があるワキガクリームの条件

ワキガに効くデオドラントを選ぶ際は、制汗力、殺菌力、保湿を重視しましょう。これらがすべて揃っていなければワキガを十分に防ぐことができません。

 

ワキガの原因となるアポクリン腺の汗は、雑菌の繁殖がしやすい成分でできています。そのため、高い殺菌力が必要です。そして、その汗を抑える制汗力も必要になります。

 

また、肌の乾燥は雑菌を繁殖しやすくしますし、過剰な皮脂分泌も促してしまうので、潤いも必要です。それに高い殺菌や制汗を実現するには、肌への負担が掛かります。それを防ぐ為にも保湿成分は欠かせないのです。

 

さらに、肌に刺激が強いパラベンや石油系界面活性剤入りも避けるべきと言えるでしょう。肌環境を悪化させる恐れがあり、逆に臭いがしやすくなってしまいます。
参考おすすめ厳選!ワキガ用デオドラント剤ランキング

 

また、個人的にワキガへの効果が高かったと感じたワキガクリームはクリアネオです。効果・感想については以下の記事で紹介しているので、確認してみて下さい。
クリアネオのワキガへの効果!ワキガのニオイを抑えてくれるクリーム?

まとめ

ワキガの手術でワキガを再発なく完全になくすことができます。ですが、痛みがあり、特に手術した当日が一番の山場です。ここを越えれば通常、数日で痛みは治まっていきます。

 

もし痛みを無くすのであれば、手術けずに切らないワキガ治療がいいでしょう。完全ではなくても軽減はできます。また、効果があるワキガ用デオドラントクリームであれば、1日中ニオイを抑えることも可能です。

 

まずはワキガ手術による痛みや術後の生活、傷跡、再発の可能性などを知っておくことが大切ですね!

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る