ワキガを防ぐ方法として欠かせない5つのこと!

2016年11月29日

ワキガ

ワキガを防ぐ方法として欠かせない5つのこと!

ワキガを防ぐ方法にはいろいろありますが、欠かせないことが5つあります。

 

ワキガ用クリームや手術、ボディーソープ、サプリなどで直ぐに対策するのもいいですが、その前にワキガの原因や特徴から何が必要なのか?
それを知ることでより効果的にワキガ対策ができます。

 

では、ワキガを防ぐために必要なこととは?そこから具体的に防ぐために欠かせない5つのことを紹介します。

ワキガ臭を防ぐために必要なこと

ワキガ臭を防ぐために必要なこと

ワキガ臭を防ぐためには以下の3つが必要と言えます。

  • 汗と皮脂の分泌を抑えること
  • 清潔に保つこと
  • 直ぐに対処すること

普通の汗臭さに対しても言えるかもしれませんが、特にワキガの場合はより一層考慮する必要があります。それは、汗の成分がそれぞれ異なるからです。

 

普通汗をかくとは、エクリン腺から発汗される汗です。この汗はもともと雑菌が繁殖しにくいので、直ぐにニオイを作りません。しかし、アポクリン腺の汗は違います。

 

アポクリン腺の汗には、タンパク質、脂質、糖分、アンモニア、鉄分などの成分が多く含まれており、雑菌が繁殖しやすいのです。しかも強いニオイの元である脂肪酸も含まれており、これが雑菌に分解されることで強烈なニオイを放つようになります。

 

ですから、ワキガ臭を防ぐには、汗と皮脂をできるだけ抑え、肌を清潔に保つためにも直ぐに対処する必要があるのです。

 

アポクリン腺について興味がある方は以下もご覧下さい。
「アポクリン腺から発汗される汗について」を詳しく見る

ワキガ対策に必要不可欠!基本となる5つのこと

肉類などの動物性脂肪を多く含む食材を食べ過ぎない

肉類などの動物性脂肪を多く含む食材を食べ過ぎない
肉類や脂っこいものなどの動物性脂肪を多く含む食べ物の過剰摂取は、皮脂腺とアポクリン腺の活動を活発にさせ、汗と皮脂の分泌が増やしてワキガのニオイを強くします。

 

また、普通の汗のニオイもキツくします。肉類などの動物性脂肪を多く含む食べ物のほとんどは酸性食品です。そのため、酸性食品の食べ過ぎは体内を酸性に傾かせ、腸内環境を悪化することでアンモニア臭の強い汗が分泌されやすくなります。それに腸は体の免疫機能とも関係しているので、腸内環境の悪化は皮膚常在菌の抵抗力を落として雑菌の繁殖を高めてしまうこともあるのです。

 

なので、肉類などの酸性食品の食べ過ぎは避け、豆類や海藻、野菜、果実などのアルカリ性食品も一緒に食べて体が酸性に傾くのを防ぎましょう。その他にもワキガ予防になる食べ物はたくさんあります。そういった食べ物を積極的に取り入れることで、できるだけニオイを弱くすることができるのです。
ワキガと食生活の関係!食べ物によってワキガがキツくなる?予防方法は?

ワキ毛を除毛する

ワキ毛を除毛する
女性の方はほとんどの方が除毛されていると思いますが、除毛はワキガのニオイを緩和させる効果があると言えます。理由は以下の3つです。

  • 脇の下が高温多湿になる
  • 雑菌の住処になる
  • 腋毛にはニオイを凝縮・発散させる役割がある

上記のように、腋毛は雑菌を増やしてニオイを強くします。それに、元々ワキガ臭は性的アピールとして使っていたと言われており、よりニオイを拡散するために腋毛は存在していたと言われています。そのため女性よりも男性の方がワキガ臭が強くなるのは、毛の影響もあります。なので、剃ることに抵抗がある方は、カットして少しでも通気性をよくするといいでしょう。

 

ただ、毛抜きや脱毛によって逆にニオイが強くなることもあります。その点については注意が必要と言えます。
ワキガを軽減するはずの脱毛が逆にニオイを悪化させてしまう?

正しい体の洗い方を実践する

正しい体の洗い方を実践する
臭いを気にするあまり、ゴシゴシとこすって洗っていませんか?

 

これは、間違った洗い方であり、体臭を強くする要因になります。強く擦ったり、必要以上に体を洗うと皮膚を健康に保つために必要な皮脂や常在菌を洗い流してしまします。すると、余計に皮脂が分泌されてしまいますし、雑菌の繁殖を食い止める常在菌が減ってしまいます。

 

その時は気持ちがいいかもしれませんが、これでは強い体臭体質になってしまいます。

 

正しい洗い方は、きめ細かい泡で皮膚表面をなでるようにやさしく洗浄します。アカスリは、できるだけ肌へのダメージが少ない綿やウールを使いましょう。
体臭予防には入浴時の体の洗い方が大切

ワキガ用デオドラント剤を使用する

ワキガ用のデオドラント剤を使用する
デオドラントが一番速攻性と効果が分かりやすい対策です。市販でもさまざまなデオドラント剤が売られています。ワキガ対策で使用するデオドラント剤は、無香料のクリームタイプを使用しましょう。香りがガッツリあると、ワキガ臭と混ざって逆に悪臭になることがあるので避けるべきです。

 

ワキガに効果があるデオドラント剤の特徴は、制汗力・殺菌力・消臭力が高い製品です。特に、ワキガ体質の方は汗腺が発達している傾向にあるため脇汗も多くので、制汗力はできるだけ高いデオドラントがいいでしょう。

 

またワキガは皮脂が混ざることでさらにニオイがキツくなります。そのため皮脂についても考慮が必要。正常な皮脂分泌や雑菌の繁殖を抑える善玉の常在菌は、健康な肌環境であることが欠かせません。ですから肌の保湿成分や低刺激の成分で作られていることも大切な要素なのです。
ワキガに効果があるクリーム「クリアネオ」についてレビュー記事

生活習慣を整える

生活習慣を整える
運動不足、タバコ、お酒の飲みすぎなどはワキガを臭くさせる原因です。

 

運動不足によって汗腺や筋肉が衰えれば、質の悪い汗をかきやすくなります。悪い汗は肌をアルカリ性に傾かせるので、アポクリン腺の汗の雑菌繁殖を加速させてしまいます。なので、適度な運動を心がけましょう。

 

また、タバコは200種類以上もの悪臭物質が含まれていると言われ、まさにニオイの塊です。しかも体臭予防に欠かせないビタミンCを破壊してしまいます。いきなり禁煙は無理かもしれませんが、少しづつ本数を減らしましょう。そして、タバコを吸ったらビタミンCの補充をしましょう。

 

お酒は適度であればストレス解消になったり、種類によってはポリフェノールが含まれているお酒もあるのでワキガの予防になります。しかし、飲み過ぎは肝臓に負荷を掛けて汗そのものを臭くしてしまうのです。何事も適度が一番ですね。

 

また、タバコとお酒の飲みすぎには共通して良くないことがあります。それが体内の活性酸素と過酸化脂質を増やしてしまうことです。これらが増えると、皮脂を酸化させて強いにニオイになります。皮脂は油です。そのため、古い油が酸化したような不快なニオイになるのです。

 

特に年齢が高くなると、体内の抗酸化機能は衰えていきます。さらに皮脂を構成する脂肪酸に9ヘキサデセン酸が増えます。この不飽和脂肪酸が過酸化脂質によって酸化されると、加齢臭になるのです。ですから、ワキガ体質でタバコとお酒大好きな人は、ワキガ臭と加齢臭が混ざることでニオイが強くなります。注意が必要と言えるでしょう。

 

生活習慣を整えることはどこでも言われている当たり前なことですが、サプリを飲んだりするなどいろんな対策をするよりも、実はこれが一番効果的だったりするのです。

ワキガ臭を弱くするだけなら電気凝固法

ワキガのニオイを目立たない程度に弱めるのであれば、電気凝固法をするもの一つの手です。

 

電気凝固法は手術とは違って、切らないワキガの治療方法のひとつです。電気針を脇の毛穴に刺して高圧の電流を流し、アポクリン腺や皮脂腺を凝固させる手法で、脱毛機器の強力版といえます。傷痕などのリスクもなく、安全性が高いのが特徴です。施術も30分程度で、その後普通に日常生活が送れます。

 

ただ、スソワキガは電気凝固法が最適ですが、脇の下のワキガは完全に無くすことは難しいでしょう。デリケートゾーン周辺のアポクリン腺はほとんど活動していませんが、脇の下は活発に活動しているからです。そのため、アポクリン腺を凝固するだけでは、ニオイが復活する可能性があるのです。また、効果が得るには複数回実施する必要があるという欠点もあります。

 

なので、電気凝固法はスソワキガ対策やノーリスクでワキガのニオイをある程度抑えたい人向けです。

電気凝固法を採用しているクリニックはこちら⇒ワキガかも…と思ったら新宿御苑美容クリニック

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る