ワキガ手術後に臭いが残ってしまう術後臭の原因は?

2016年4月12日

ワキガ

ワキガ手術をしてもニオイが残ることがあり、それは術後臭と言われています。
ワキガ手術後に臭いが残ってしまう術後臭の原因は?
ですが、しっかりとワキガ手術がされていれば、ワキガ臭が残ることはありません。ではなぜ術後臭は存在するのでしょうか?それには原因があります。

 

そこで、ここでは考えられる原因を3つを明らかにし、そこからワキガの手術で満足できる結果を得るために事前に検討しておくべきことを紹介します。

術後臭の考えられる原因は3つ

ワキガの手術を受けた後にするニオイ「術後臭」の原因は、3つの原因が考えられます。

  • 悩みのニオイが実はワキガ臭ではなく汗の臭いが原因だったから
  • 腋の下を意識してしまっているから
  • 手術が不十分だったから

悩みのニオイがワキガではなく汗の臭いだった

ワキガ臭だと思っていたが、実際は汗のニオイが悩みの原因である場合もあります。それはワキガには汗や皮脂のニオイも混ざっているからです。

 

ワキガはアポクリン腺から分泌される液が主な原因とされています。ですが、腋の下にはアポクリン腺以外にも汗をだすエクリン腺や皮脂を分泌する皮脂腺もあります。そのため、ワキガ臭とはこれらが合わさったニオイなのです。

 

特に腋の下は腕と胴体に挟まれ、毛や衣類に守られて高温多湿になりやすく、ワキガでなくてもニオイが発生しやすい環境です。食生活や生活習慣の乱れ、加齢、洗い過ぎなどによって悪い汗の発汗や皮脂の異常分泌がされれば、当然ニオイはきつくなりやすくなります。

 

そのため、ワキガ臭と汗のニオイを勘違いすることがあるのです。

 

完ぺきなワキガ手術であっても取り除けるのは、アポクリン腺と皮脂腺、一部のエクリン腺です。ですから、汗の臭いの原因となるエクリン腺はどうしても一部残ってしまいます。

 

それゆえ、実は悩みの原因がエクリン腺による汗の臭いだった場合は、ワキガ手術では術後臭として残ってしまうことがあるのです。

腋の下に対する強い意識がニオイと汗の発汗を多くする

ワキガ手術を受けた後は、ニオイがどのようになったか気になりますよね。ですが、この気にし過ぎが逆にニオイの原因になることがあるのです。それは嗅覚と汗の発汗に影響を与えます。

嗅覚への影響

嗅覚には、対象を意識すればするほど強く認識してしまう特性があると言われています。

 

例えば警察犬と普通の犬の違いがまさにこの嗅覚の特性を表しています。警察犬が普通の犬よりも嗅覚が優れているのは、もともと備わっているのではなく特殊な訓練によってニオイに対する高い集中力を身に付けているからです。

 

ですから、術後に腋の下のニオイを気にすることで、これまで気づかないニオイにも敏感に感じとってしまうことがあるのです。ワキガ手術後に今度は別のところが臭い始めるとありますが、それはこの嗅覚の特性が影響していると言えるでしょう。

汗への影響

また、腋の下への強い意識は精神性発汗を引き起こす原因になることがあります。緊張時に手のひらに汗をかいたり、汗をかいた時に「汗よ出るな!」と思ったら余計に汗が発汗されてしまうことってありませんか?

 

これらが精神性発汗です。原因はストレスなどによって自律神経が乱れることで起こります。この精神性発汗による汗は、一気に発汗されるのが特徴です。こういった汗は汗の再吸収がうまくされていないので、クサくなりやすい悪い汗と言えます。そのため普通の汗の臭いよりもきつくなってしまうのです。

 

ワキガ手術後は少しの汗にも敏感になりがちです。それが精神性発汗を引き起こすことがあるのです。

アポクリン腺の除去が不完全または再発

ワキガのニオイと汗のニオイを区別できることを前提とした場合、確かにワキガ臭がするのであれば、粒が小さなアポクリン腺が一部残っていたり、再発した可能性があります。

 

これは完全に施術した医師の問題です。できればそういったところでの施術は避けたいですね。

 

ですが、手術によって大きな粒のアポクリン腺は取り除かれるので、臭いは手術前よりも弱くなっていると思います。もし完全にワキガ臭を消したい場合は、試験切開という検査で確認してみましょう。

 

試験切開はアポクリン腺の量を正確に診断することができます。1~2ミリの切開をするだけなので傷跡も残りません。

 

ただ、術後直ぐには難しいので、1年ほどして皮膚が軟らかくなってからでないとできません。そこで、もしアポクリン腺が残っていることが分かれば再手術が可能かどうか相談してみましょう。

手術を受ける前の検討が大切

汗の臭いなのか?それともワキガの臭いなのかをワキガ手術を受ける前に知っておくことが大切です。もし悩みのニオイが汗の臭いであれば、どんなに完璧なワキガの手術をしたとしても悩みは解決されないと思います。何のための手術だったのかという結果にもなりかねません。それだけは避けるべきです。

 

また、手術後にはアポクリン線が取り除かれてしまっています。そのため、術後では元々の悩みの原因がワキガだったのか?それとも汗の臭いだったのかを判別するのは難しくなります。

 

ですから、手術は直ぐに受けるのではなく、事前にアポクリン腺の数などを診断して本当に悩みの臭いがワキガなのかを把握し、本当に手術を受けることが最上の解決策であるかを考えることが大切なのです。把握しておけば、手術後にニオイがあったとしても汗のニオイだと分かれば、ワキガ臭ではないと安心できます。

 

このようにワキガの手術を満足がいく結果にするには、事前に考慮しなければいけないことがいくつかあります。

参考:ワキガの手術をやらない方がいい人とは?

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る