冬に脇の下が臭う!冬の方が夏よりもワキガの臭いがキツくなる理由

ワキガ

寒い冬なのにワキガのニオイがキツくなったと感じたことってありませんか?

冬に脇の下が臭う!冬の方が夏よりもワキガの臭いがキツくなる理由

むしろ夏よりも冬の方が気になる場合もあるかもしれませんね。でも不思議ですよね。夏は汗をたくさんかくのでニオイがして当然だと思うけど、冬は汗をあまりかいていないはずです。何かの間違いなのでしょうか?

 

いいえ、実は夏よりも冬の方がワキガのニオイがキツくなる理由があるのです。

冬なのにワキガのニオイがキツくなる理由は?

冬のワキガのニオイが夏よりもキツくなるのは、ワキガの主な原因となるアポクリン腺の汗ではなく体温調整によって発汗されるエクリン腺の汗が影響しています。

汗腺機能は弱まるが基礎代謝は高くなるから

冬は夏よりも汗をかく機会が減ります。そのため汗腺機能が弱まり、汗の再吸収が不十分となって、汗の原料となる血液の成分が入ったまま発汗されやすくなります。この汗はミネラル成分が豊富に含まれており、雑菌が繁殖しやすくクサくなりやすいのが特徴です。

 

そして、夏よりも冬のほうが基礎代謝が高くなることも影響しています。冬は夏よりも汗を分泌する機会は少なくなりますが、汗の発汗しやすさで言えば夏よりもむしろ冬の方なのです。これは寒い冬になると体は体温を保つために基礎代謝を上げて熱を作る必要があるからです。そのため意外にも冬のほうが汗をかきやすいのです。

 

つまり、冬は夏よりも汗をかく機会は減るが、ちょっとした運動でも悪い汗(ニオイを作りやすい汗)をかきやすくなっていることがワキガをキツしてしまっていると言えるのです。

毛穴に汚れや皮脂がたまりやすくなるから

冬は汗を発汗する機会が減るので毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすくなります。それらが酸化したり雑菌が繁殖して、汗と混ざることでワキガをキツくしてしまうのです。

 

特に、冬場でも湯船に浸からずにシャワーで済ましている人は毛穴の汚れが残っている可能性があるので、できるだけ湯船に使って汗を流しましょう。

脇の下の通気性が悪くなるから

夏はTシャツ一枚やそこにシャツを羽織る程度など通気性がよい状態です。そのためニオイが凝縮しませんし、蒸れも最小限に抑えられます。

 

しかし、冬になると何枚も重ね着をするようになります。しかも熱を逃がさないようにするため、空気が逃げないような素材でできた服に変わります。そのためニオイが脇の下にたまりやすくなり、ニオイ成分が凝縮されて濃度が濃くなります。その濃いニオイが服を脱いだときや衣類の隙間から放出されることで、強いワキガのニオイを感じるのです。

冬こそワキガ対策を徹底しよう

冬は汗腺の機能が衰えがちです。なのでできるだけ湯船に使って発汗を促し、汗腺を鍛えてあげましょう。さらに体臭予防にいい入浴剤をいれると効果的です。

 

例えば酢風呂は体を弱酸性にしてくれるので、雑菌の繁殖を抑えることができます。酢風呂はニオイが少し気になるかもしれませんが、シャワーで洗い流せば体に匂いが残ることはないのでご安心を!

 

どうしても気になる方は酢の代わりにクエン酸を入浴剤として入れるといいですよ。また、体を洗うときは洗い過ぎにならないような洗い方を実践し、体臭予防に効果的な石鹸やボディソープを使います。

 

そして外出時は蒸れやニオイが溜まるのを防ぐためにあまり重ね着をせず通気性のよい素材の服を着るようにしましょう。さらにワキガ用のデオドラントクリームを付けることで汗が発汗されても安心です。

 

冬は意外にもワキガ対策を徹底したほうがいい季節です。徹底的にワキガ対策をして臭いワキガ臭とはおさらばしましょう!

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る