ワキガの臭いは服による影響を受ける!おすすめの素材と避けたい素材とは?

ワキガ

ワキガの臭いは服による影響を受ける!おすすめの素材と避けたい素材とは?
ワキガの臭いは着ている服によって臭い方が違います。それは、その服の素材によって吸水性が違うためなのです。

 

吸水性の良い服は臭いが外に出るのを抑えてくれるため、臭いにくく感じます。それに対して吸水性の悪い、通気性の良い服ですと臭いを外に拡散してしまうため、臭いが強くなったように感じるのです。

 

では、ワキガの人はどのような素材の服を選ぶのが良いのでしょうか?服の素材と特徴を知ることでワキガの臭いを弱めることができるのでぜひチェックしてみてください。

ワキガの人にオススメなのは天然素材の服?

ワキガの人にオススメなのは天然素材の服?
天然素材の服は吸水性の高いものが多いのです。ワキガの臭いが気になる人は天然繊維で作られている洋服を選ぶようにしましょう。

天然素材は大きく2つに分けられる

天然素材は大きく2つに分けることができます。

  • 植物繊維(植物から作られる繊維)
  • 動物繊維(動物の毛や蚕の繭から作られる繊維)

植物繊維の主な種類と特徴

植物繊維のものには主に「綿(コットン)」と「麻(リネン)」があります。どちらも強くて丈夫ですし、吸水性があります。

 

しかし、綿(コットン)には水洗いで縮みやすかったり、シワになりやすいというデメリットがあります。また麻(リネン)もシワになりやすく、摩擦に弱いとされています。そのため植物繊維はお手入れに気をつけなければなりません。

動物繊維の主な種類と特徴

動物繊維のものには「毛(ウール)」と「絹(シルク)」があります。これもどちらも吸水性があり、しかも保湿性もあります。

 

もちろん、こちらもデメリットがあります。毛(ウール)は洗濯で縮みやすく、また毛玉ができやすかったり、虫に食われやすいです。絹(シルク)は白い服だと変色しやすく、また水でシミにもなりやすいと言われています。

 

このように天然素材の服は植物繊維、動物繊維で長所と短所がほとんど一緒なんです。なのでお好みの繊維を選ぶといいでしょう。

天然素材の長所と短所から分かるワキガにおすすめな理由

天然素材の長所と短所をまとめると以下のようになります。

天然素材の長所

  • 吸水性が高いのでワキガの臭いを抑えられる
  • 肌に優しいので乾燥肌や敏感肌の人でも着られる
  • 丈夫で長持ちするものが多い

天然素材の短所

  • 洗濯や保管などの手入れに手間がかかるものが多い
  • 値段が高いものが多い

 

このように天然素材の服はワキガの人にオススメです。ですが、洗濯が大変ですし値段が高いという短所があります。そのため、全ての服を天然素材で揃えるのは難しいですよね。

 

そこでこのデメリットを解消したのが値段が安い化学素材の服なのです。ただ、科学素材は吸水性が低いためワキガの臭いを拡散しやすいのでニオイ対策には向いていません。

 

とは言っても、化学素材は多くの服に使われています。メリットとデメリットを知っておくことで状況によって使い分けることが出来るので、化学素材の服についても知っておくといいでしょう。

ワキガの人が注意するべき化学素材の服について

化学素材はスポーツウェアに使われていることも多いので、スポーツをしているお子さんがいる場合にはその特徴をよく知っておきましょう。

 

化学素材の服には3種類あります。

  • 再生繊維
  • 半合成繊維
  • 合成繊維

今回は目にすることが多い合成繊維について見ていきましょう。合成繊維は大きく4つに分けることができます。

  • ポリエステル
  • ナイロン
  • アクリル
  • ポリウレタン

合成繊維の長所と短所から分かるワキガの臭いへの影響

合成繊維の長所

  • シワができにくく、収縮性もあるので型崩れしにくい。また、乾くのが早いので洗濯やお手入れがしやすい
  • 天然素材の服よりも値段が安い

合成繊維の短所

  • 吸水性が低いのでワキガの臭いが広がりやすい
  • 皮脂汚れが残りやすくワキガの臭いが取れにくい
  • 材料に化学薬品や石油を使っているので、肌に負担をかけやすい

 

このように合成繊維の服の短所を見ると、ワキガの人は敬遠したくなってしまいますよね。しかし値段は安いものが多いので、多くの服は化学繊維が使われています。特に素材的にスポーツに非常に適していることから避ける事はできないかもしれません。

臭いを防ぐために!合成繊維の服との上手な付き合い方

臭いを防ぐために!合成繊維の服との上手な付き合い方
ではワキガの臭いを目立たせやすくする合成繊維の服との付き合い方はどうすればいいのでしょうか?

 

まず、普段の服で合成繊維の服を着る場合にはなるべく肌に触れるインナーだけでも天然素材の服を着ることです。その上から合成繊維の服を着るようにするといいでしょう。インナーだけならば天然素材のお手入れや保管がしにくいという短所が解決できますね。

 

さらにインナーを天然素材の服にすることで汗も吸収してくれるので、ニオイの発生を防ぐことにも役立ちます。また肌にも優しく乾燥や肌荒れを起こしにくくなります。

 

合成素材のインナーといえばヒートテックが有名ですよね。ついつい寒くなったらとりあえずヒートテックと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

ですがヒートテック意外にも保温効果のあるインナーは多くあります。中にはシルクなど天然素材でできているものもありますのでぜひ試してみてください。

 

スポーツで合成素材の服を着なければいけない場合には、スポーツをする前にワキ部分にワキガクリームやデオドラントを使ってワキガの臭いを防ぎましょう。ただし、湿った服では菌が繁殖しやすいので帰宅したらなるべくすぐに洗うようにしましょう。
参考おすすめはコレ!ワキガに効くデオドラントランキング

合成素材の服についたワキガの臭いの取り方

合成素材の服は汚れが残りやすいので洗濯方法には注意が必要です。

 

基本的には40度位のぬるま湯に重曹などのアルカリ性の洗剤をを溶かしてつけ置きします。皮脂などの汚れは冷たい水では落ちにくいので、必ずぬるま湯につけ置きしましょう。それから洗濯機で洗うことで臭いがおちやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。服の素材によってワキガの臭いにも影響があることが分かっていただけたと思います。

 

天然素材と合成素材の服のメリットとデメリットを知っておくことで使い分けすることが出来るようになるので、服を選ぶ際にはぜひ参考にしてみて下さい。

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る