ワキガ対策に香り付きのデオドラントは逆効果!?

2016年4月9日

ワキガ

デオドラント製品にはいろんな種類があり、その種類によって効果にも違いがあります。そのため間違ったデオドラント剤を使うと、ニオイを悪化させてしまうこともあります。

ワキガ対策に香り付きのデオドラントは逆効果!?

特にワキガ臭は体臭の中でも強いニオイなので、向き不向きがはっきりとしています。その主な特徴が香り付きのデオドラント剤といえます。

 

ここでは、その理由とワキガに向いているデオドラントの特徴を解説します。

体臭によって向き不向きがある

デオドラント製品にはいろいろな種類がありますが、どれを使ってもいいという訳ではありません。体臭の種類によって向き不向きがあります。

 

不向きなタイプを使うとデオドラントの効果を十分に得られてませんし、最悪の場合ニオイを強くしてしまう原因にもなるのです。特にワキガの場合はニオイが強いだけにその影響は大きいと言えます。

 

ですから、ワキガの場合は特にデオドラントを選ぶ際、ワキガに合っていないものを選ばないように気をつけなければいけません。

ワキガ対策で使ってはいけないデオドラント製品とは?

ワキガの消臭で使用してはいけないデオドラントは香りがしっかりとある商品です。

ワキガ対策で使ってはいけないデオドラント製品とは?

香りが強いとワキガとデオドラントのにおいが混ざって余計に臭くなってしまいます。ワキガの原因となる汗は、アポクリン腺という汗腺から分泌され、この汗は多くの栄養分(タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分など)を含みます。

 

栄養分が多いということは、黄色ブドウ球菌などの雑菌が繁殖しやすく、ニオイ物質も多くなって強烈なニオイを放ちます。そこへ別の香りを混ぜるとどうなるのか?

 

汗臭さと甘い香水が混ざったときのニオイをイメージすると分かりやすいと思います。まさに火に油をそそぐようなものですね。

 

たとえ、ワキガの臭いを超える強い香りであっても逆効果になる場合がほとんどでしょう。なので、できれば無香料タイプで、微香料であってもほとんど匂いがないものを選びましょう。

ワキガに向いているデオドラント剤とは?

ワキガ対策には、ニオイ物質が生まれる原因である雑菌の繁殖を抑え、菌が繁殖するきっかけとなる汗を抑えることが大切です。なので、殺菌力・制汗力・消臭力は当然必須条件になります。

 

さらに、上記で説明した理由から香りがない『無香料』である必要があります。そして汗に強いことです。これはワキガ用デオドラント剤としては必須とも言えます。

 

なぜかというと、ワキガ体質の人は汗腺が発達しているので、汗を多くかく傾向があります。そのため、汗で直ぐに流れ落ちてしまうようでは、いくら効力があっても効果を十分に発揮できないのです。

 

ですから、しっかりとワキガに合ったデオドラント剤を使うこと。それがワキガ撲滅へと近づくといえます!

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る