敏感肌でも安心のワキガ対策デオドラント剤の特徴と選び方

ワキガ

敏感肌でも安心のワキガ対策デオドラント剤の特徴と選び方
ワキガの臭いを長時間抑えるためにデオドラント剤は欠かせません。ですが、敏感肌だとすぐに肌が荒れてしまったり痒くなってしまったりと何かと大変ですよね。

 

ただでさえ汗を抑えることや殺菌することは皮膚に負担がかかります。それなのに痛みや痒みを我慢して肌に合わないデオドラント剤を使い続けてしまうと、ますます悪化してしまう恐れもあります。

 

そこでここでは敏感肌の人でも使えるデオドラントの特徴から選び方について解説したいと思います。

そもそも敏感肌って?

では、そもそも敏感肌って何でしょうか?

 

なんとなく肌が乾燥していたり、肌に化粧水を塗ると痛みや痒みを感じてしまたりすると「敏感肌かもしれない?」と思いますよね。

 

肌の一番外側の部分は「角層」といって肌のバリアのような役割を果たしています。この角層が荒れた状態のことを「敏感肌」と呼んでいるのです。

角層の具体的な役割

  • 体の中の水分が逃げないようにする
  • 外からの刺激から肌を守る

角層が荒れる原因は様々ですが、ストレスや外からの刺激などが主な原因です。

敏感肌の主な症状

  • ストレスで肌が荒れやすくなる
  • 生理前や季節の変わり目に肌が荒れやすくなる
  • 洋服があたると痒くなる
  • デオドラント剤などの刺激物を塗るとかぶれたり赤くなる

これらのような症状を感じる場合は敏感肌になっている可能性があるといえるでしょう。

敏感肌による肌荒れとワキガとの関係

敏感肌による肌荒れとワキガのニオイには関係があるのでしょうか?実は深い関係があります。それは敏感肌によって皮脂膜が破壊されてしまうからです。

 

肌が荒れるということは乾燥によって皮脂膜といった肌バリアがない状態です。そのため、雑菌の増殖を抑えてくれる表皮ブドウ球菌という常在菌も少なくなり、ニオイの原因となる雑菌が増殖しやすくなってしまうのです。

 

なのでワキガ対策には制汗と殺菌だけでなく敏感肌を防ぐことも大切なのです。

敏感肌の人がデオドラント剤を選ぶ際に気をつけたい成分

敏感肌の人がデオドラント剤を選ぶ時には肌荒れを起こしやすい成分を避けて選ばなければいけません。さっそく見てみましょう。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは高い制汗効果があるとされ、ワキガの人の強い味方です。ですが、塩化アルミニウムは汗と混ざると塩酸などの成分を出すため、肌の弱い人はワキがかぶれたり、赤くなってしまうことが多いとされています。

 

また、汗が流れなくなることで肌が乾燥しやすくなります。これは塩化アルミニウムに限らず制汗効果がある成分すべてに言えることでしょう。要は完全に汗を止めることは良くないということなのです。

アルコール類

アルコール類の入ったデオドラントは使うとスーッとするので使っていて気持ちが良いですが、敏感肌の人が使うと肌荒れを起こしたり、悪化させる原因になりやすいので注意が必要です。

 

多くのデオドラントにはこのアルコールが入っていますが、最近ではノンアルコールの製品もでているので気をつけて見てみてください。

タール系色素

原材料名に「○色○号」というような表記がされている成分です。口紅などの化粧品にはよく使われているので女性には馴染みがある成分かもしれません。

 

日本で使用が認可されている化粧品で使えるタール色素は83種類あり、中にはアレルギーなどを引き起こす疑いがあることから海外では使用禁止になっている成分もあります。なのでタール色素すべてが悪いわけではありませんが、特に敏感肌の方は避けたほうがいいでしょう。

パウダータイプ

デオドラントシートやスプレーなど、パウダータイプのデオドラントはワキをサラサラにしてくれますが、肌を乾燥させているので敏感肌の人は刺激を受けやすくなり痒みが起こりやすくなってしまいます。

敏感肌の人に優しいデオドラントの特徴とは?

敏感肌の人に優しいデオドラントの特徴とは?
敏感肌の人がデオドラントを選ぶときには、以下の3つのことに気をつけましょう。

  • 刺激がすくない
  • 保湿成分が入っている
  • 返金保証が長期間ついている

最近では無添加のデオドラントクリームや、デオドラントジェルも売られています。低刺激や無添加のものはパッチテストしてあるので敏感肌の人はもちろんアレルギーのある人でも安心して使えそうです。

 

また、デオドラント剤を使用すると汗を止める効果があるので、どうしても肌は乾燥してしまいがちです。保湿成分が入っていればこの肌の乾燥を防いでくれます。

 

以上の2点に気をつければ相性などはあると思いますが、肌荒れを起こす可能性をかなり低くできるでしょう。

 

さらに返金保証がついていればもし肌に合わなかった場合でも返金できます。肌への影響がすぐに現れないこともあるので、できるだけ長い期間があるといいですね。ただし、当たり前ですがしっかりと説明書などを見て使い方を守らないと返金保証の対象にならないので気をつけましょう。

 

具体的にどんな商品がいいのか?については、以下の記事で紹介しているので興味がある方は参考にしてみてください。紹介しているデオドラント剤はすべて低刺激、保湿成分入りで敏感肌の方でも使えるつくりになっています。
ワキガに効くデオドラントランキング!おすすめはどれ?

敏感肌にしてしまう主な原因と対処法

お風呂の入り方

  • ワキを洗う時にタオルなどで強くゴシゴシ洗ってしまう
  • デオドラントや制汗剤を使ったのにお風呂で洗い流していない
  • 熱いシャワーをワキにあてる
  • 熱いお風呂に長風呂している

間違ったお風呂の入り方をしていると肌が傷んで乾燥の原因になってしまいます。熱いお風呂やシャワーはワキへの刺激になってしまい、角層を乱れさせやすくしてしまいます。

 

お風呂の温度は40度くらいに設定し、ワキを洗うときも優しく泡で洗うようにしましょう。

生活習慣

  • 睡眠時間が短かったり不規則
  • 偏った食生活をしている
  • ストレスの多い環境にいる

生活習慣が乱れてしまうと肌の保護に必要な栄養なとれなかったりと肌に負担をかけてしまい、敏感肌になりやすくなったり、敏感肌を悪化させてしまいます。

 

忙しい中でもなるべく自分がリラックスできる時間を作ったり、バランスの取れた食事を取れるように頑張りましょう。

ホルモンバランス

  • 生理前
  • 妊娠中や産後

生理前や妊娠中、産後などはホルモンバランスが変わるので、特に敏感肌になりやすい時期です。

 

このような時期は普段使っている保湿クリームでもかゆみが出てしまったりするので、特別に敏感肌用の刺激が少ないクリームを使うなどの対処が必要です。

体質

  • アトピーなどのアレルギーがある
  • もともと肌がかぶれやすい
  • 乾燥肌

アレルギーやもともと肌が弱い人は普段からワキの保湿に気をつけることが大切です。ワキを保湿クリームで保護するのはもちろん、衣服の材質によっては痒みを引き起こしやすいものもあるので自分にあった服の素材を見つけておくと良いかもしれません。

まとめ

敏感肌の人はワキのケアにも人一倍気を使わなければならないので大変ですよね。敏感肌の人はとにかく自分にあった肌に優しいデオドラントを見つけることが大切です。

 

保湿はワキガケアにも敏感肌の改善にも重要なので頑張って敏感肌対策してワキガのニオイも減らしていきましょう。
敏感肌の方でも安心!ワキガに効くおすすめのデオドラントランキングはこちら

ワキガに効くおすすめのデオドラントは『クリアネオ』

ワキガに効くデオドラントクリームなら「クリアネオ」

多くの雑誌や美容コラムなどでも紹介され、ベストニオイケア商品としても選ばれた人気のワキガ用デオドラントクリーム。

制汗力と持続力が高く、ワキガのニオイを1日中抑えてくれます。肌に優しい成分配合なので敏感肌やお子さんでも安心して使えます。永久返金保証を付けるほどの効果の自身は確かでした!

クリアネオの効果レビュー記事を見る