腸内環境が体臭と口臭に与える影響!腸内の汚れが臭いをつくる?

2017年4月16日

食事やサプリと体臭の関係

体臭や口臭が何だかクサい。どうやら口臭は体内から便臭やウンチのような臭いがするし、汗も酸っぱくてアンモアのような臭いがする。
腸内環境が体臭と口臭に与える影響!腸内の汚れが臭いをつくる?

それは腸内環境が汚れ、体臭と口臭をクサくしている可能性があります。実は、腸内の汚れは口臭と体臭に影響を与えるのです。そのため、体臭と口臭の予防には腸内環境の改善が欠かせません。

 

ではなぜ腸内環境が悪化することで体臭と口臭をクサくするのでしょうか?そしてその予防方法はどうすればいいのでしょうか?この2点について詳しく解説します!

腸内環境が口臭と体臭に与える影響

腸内環境の状態は、口臭と体臭に大きな影響を与えます。腸内環境が悪化すると、口臭と体臭をクサくしてしまうのです。

 

腸内に悪臭物質が溜まると腸内が汚れ、質の悪い血液が作られて血管の老化や腸肝機能の低下を招きます。すると、腸と肝機能の低下によって体内に悪臭物質がさらに増加します。悪臭物質が増えすぎると、肝臓での解毒が間に合わなくなります。その結果、行き場を無くした悪臭物質は、腸内の血管から血液に混じって全身を周って口臭や汗として排出されてしまうのです。

 

さらに、内臓の機能低下は免疫力を弱くします。これによって雑菌の繁殖を抑えている常在菌の力も弱まります。すると、雑菌が繁殖しやすくなり、体臭がきつくなってしまうのです。

臓器の機能低下は免疫力を弱くする

腸内を汚す現代の食生活

ではこの腸内環境を悪化させる食生活とはなんなんでしょうか?それは、ファーストフードやコンビニ弁当、スナック菓子、加工食品などを多く摂取し、逆に新鮮な生の野菜や果物、発酵食品の摂取量が少ない現代の食生活です。つまり、野菜や果物の摂取量が少ない食生活なのです。

 

こういった食生活によって、腸内に悪臭物質が溜まりやすくなり、腸内環境を悪化させ、酸っぱいような汗を発汗させて体臭をクサくしたり、口臭を便臭のようなニオイにしてしまうのです。

 

日本人の体臭は以前よりも強くなっているといわれています。それは食生活の変化によって腸内環境が悪化したことが影響していると言えるでしょう。ですから、肉や油物ばかりでなく、腸内の環境を整える食生活を心がけることが体臭予防には欠かせないのです。

便秘の人は特に注意が必要!

食生活以上に便秘が長く続いている人は特に注意が必要と言えます。なぜなら、便秘は腸内環境を汚す最大の原因と言えるからです。それは便秘によって、腸内フローラのバランスを崩し、腸内と肝機能の働きを弱めてしまうことにあります。

 

便の主なニオイ成分はアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素です。これらは食物が腸内にある悪玉菌であるウエルシュ菌や大腸菌により分解されてできた悪臭物質であり、通常一部は便として排出され、残りは肝臓で無毒化されて尿になります。

 

そのため、悪臭物質は普段は無毒化されて増えすぎないように抑えられています。また、悪臭物質を生む悪玉菌の量も善玉菌によって抑制されています。

便秘がニオイ物質を連鎖的に増やす

ところが、便秘などによって腸の中に便が長い間留まってしまうと、腐敗・発酵してアンモニアなどのニオイ物質を増やします。多少のニオイ物質は肝臓によって解毒されて体外に排出されますが、便秘が続いて大量のニオイ物質が生成されると、それも追いつかなくなってしまうのです。

 

そして腸内にニオイ物質が溜まり、腸内環境が悪くなると善玉菌よりも悪玉菌が優位になります。すると、腸内フローラのバランスが崩れて悪臭物質がさらに増える環境になり、連鎖的にニオイ物質が増えるのです。悪臭物質が増えれば、さらに肝臓に負担をかけ、肝機能を低下させてしまうのです。

 

つまり、便秘は腸と肝臓の両方に負荷をかけ、ニオイ物質が発生しやすくしてしまうのです。便秘は美容や健康、体臭予防の大敵といえるでしょう!

腸内環境を整えた体臭・口臭予防方法

腸内環境を整える体臭・口臭予防方法
体内からウンチのような臭いがする口臭と汗臭さの予防方法は、腸内環境を整えることです。腸内環境を整えるポイントは以下の2つあります。

  • 便を長時間腸内に留めさせない
  • 腸内環境を守る善玉菌を増やし、力を付けてやる

このポイントを抑えるには、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖の摂取が効果的です。

「食物繊維」の効果で排便を促す!

消化吸収がいいのもばかり食べていると、大腸に届く食べかすの数が減り、便意が起こりづらくなります。食物繊維は消化・吸収されにくいので、腸内を移動しながら不要な水分やコレステロール、ニオイ物質を絡めて便として一緒に排出してくれます。

 

また、食物繊維は腸内環境を守る善玉菌を増やす働きもあります。

食物繊維が多く含まれる食べ物は?

食物繊維は穀類、豆類、藻類に多く含まれています。中でも藻類は、汗で失いがちなミネラルも豊富に含まれているので熱中症対策にもいいですね!しかも低エネルギーなのでダイエット中でも安心です。

 

また、食物繊維には水溶性と不溶性があります。どちらも善玉菌を増やす働きは同じですが、それぞれ特徴が異なります。

種類働き主な食べ物
不溶性食物繊維水分を吸収して膨らみ、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にして便通をよくしてくれます。豆類、ブロッコリーなどの野菜類、さつまいもなどの芋類
水溶性食物繊維粘着性があり、胃腸内をゆっくり移動するので腹持ちをよくします。糖質の吸収を緩め、血糖値の上昇を抑える働きもあると言われています。バナナなどの果物や藻類、きのこ類

目的や食生活の中で足りない食物繊維を摂取することで、効率的に腸内をキレイにすることができます。

食物繊維の摂取量が足りていない?

日本人の食事摂取基準(2015年版)で、1日の食物繊維摂取目安は、15歳以上では男性で19以上、女性で17以上とされています。しかし、食生活の変化によって食物繊維の摂取量が少なくなっているといわれています。

 

日本人が実際に摂取した食物繊維のデータを見ると、どの年代も基準量に達していないことが分かります。以下のグラフから分かるように、中でも10代~40代までは特に少ない傾向です。

平成25年日本人の1日に摂取した食物繊維量のグラフ

出典:平成25年 国民健康・栄養調査結果の概要データより作成

食物繊維を取らずにインスタント食品やファーストフード、お菓子などの悪玉菌が大好物の食事だけで済ませていませんか?

 

これでは便秘になり、体臭を強くしてしまいます。体臭予防のためには今よりもより積極的な食物繊維の摂取が必要といえるでしょう。

「乳酸菌」の効果で腸内の善玉菌を増やす!

乳酸菌には整腸作用があり、善玉菌の繁殖を促す効果があります。乳酸菌というとヨーグルトのイメージがありますが、実は植物にも含まれているのはご存知ですか?

乳酸菌には動物性と植物性がある

ヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌といい、植物に含まれているものを植物性乳酸菌といいます。

 

動物性乳酸菌は胃酸や熱などに弱く、腸に届く前に死滅してしまうのがほとんどです。もちろん、途中で死滅してしまう乳酸菌は、無駄死にしているのではありません。腸内の老廃物を吸着して便として一緒に排出するなどの食物繊維と同じような働をしてくれます。

 

一方、植物性乳酸菌は過酷な条件に強く、生きたまま腸に届きます。善玉菌のエサとなって繁殖を助け、また自らが悪玉菌と戦うこともできるのです。まさに最高の助っ人といえるでしょう。

 

それに日本人は元々植物性乳酸菌を多く摂る人種だったので、腸内にも相性が合いやすいと言われています。

植物乳酸菌を多く含む食品
ぬか漬け、しば漬け、キムチ、味噌、醤油など。

日本でも長野県が長寿なのも、植物性の乳酸菌を多く含む漬物や味噌を多く食べているからかもしれませんね。

「オリゴ糖」の効果で善玉菌をサポート!

オリゴ糖は体内に吸収されにくい性質をもつので大腸にそのまま到達でき、ビフィズス菌など善玉菌の栄養源になります。いわば、善玉菌の元気の源です。

 

しかもオリゴ糖は砂糖と違ってよほど食べすぎなければ血糖値が上昇しません。なので、ダイエットをしている人でも安心して摂取できます♪

オリゴ糖を多く含む食品
たまねぎ、ごぼう、ニンニク、大豆、バナナ、アスパラガス、はちみつなど。

サプリメントで手軽に改善!おすすめは?

毎日食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖を食事で取り入れるのは大変。しかも体質を変えるには継続が必要なので、できるだけ手軽に摂取できる方がいいですね。

 

そこで役立つのがサプリメントです。

 

特に肝臓が原因となる口臭と体臭には消臭成分も一緒に含むサプリメントを利用するといいでしょう。なぜなら腸内環境を整える栄養だけだとどうしても改善に時間がかかってしまうので、一緒に消臭成分を含むことでより即効性を持たせることができるからです。

 

そこで腸内環境が原因の体臭対策に役立つサプリを乳酸菌に特化したタイプと消臭と乳酸が両方含むタイプで厳選した商品を2つ紹介します。

腸内環境を整える栄養に特化したサプリメントの例

例えば、整腸作用に特化したサプリメントでは、食物繊維と乳酸菌、オリゴ糖を同時に摂取できる「乳酸菌革命」です。腸内環境を整えることを重視するのであれば、右に出るものはないと言えるほどの成分が含まれています。

乳酸菌革命

まず注目すべきは乳酸菌です。一般的に乳酸菌は胃酸や熱に弱く腸に届く前にほとんど死滅してしまいますが、乳酸菌革命に含まれる有胞子乳酸菌は腸まで生きたまま届くほどの強さがあります。

 

さらにビフィズス菌ラブレ菌ガゼリ菌という、特に腸内環境を整える力が強いとされる乳酸菌とその他も合わせて計16種類の乳酸菌も配合するほどの徹底ぶり。これはもう、乳酸菌の宝石箱と言えるほど。

 

そこに食物繊維とオリゴ糖も加わることで更なる症状効果を生みます。しかも含まれている食物繊維は、ただものではありません。デキストリンという食物繊維で、数g服用するだけでもお通じがよくなると言われる便秘の方にとってはとっても頼もしい味方です。

 

つまり、この「乳酸菌革命」は腸内が原因となる口臭と体臭の根本改善の点においては優秀すぎるサプリメント!

 

しかし、消臭成分が含まれていないので臭いを抑える力がないというのがデメリットですね。そのためとにかく便秘傾向が強いという方向きと言えるでしょう。

乳酸菌革命
公式サイトはこちら

腸内環境を整える栄養+消臭成分も含むサプリメント

モリンガ美臭美人
例えば、モリンガ美臭美人という消臭サプリメントは、柿渋エキス緑茶カテキンシャンピニオンエキスなた豆といった消臭成分を含み、かつ腸内環境を整える乳酸菌水溶性食物繊維が配合されています。

 

柿渋と緑茶カテキンは加齢臭でもお馴染みの消臭、抗酸化作用をもつ成分です。体の内側から消臭するには最適な成分と言えます。さらに、そこにシャンピニオンエキスも合わさり、これだけでも消臭サプリとしては十分な性能です。

 

ここで終わらないのがモリンガ美臭美人!口臭改善効果があると言われるなた豆も配合しています。なた豆は口臭予防の歯磨き粉などでも使われるほどの消臭効果を持ちます。

 

乳酸菌も手を抜いていません。腸まで生きたまま届くように、熱や胃酸に強い有胞子性乳酸菌植物性乳酸菌乳酸球菌フェカリス菌を使っています。本格的な乳酸菌サプリと言ってもいいほど、、、

 

つまり、モリンガ美臭美人はただスピーディに消臭するだけでなく、しっかりと体の内側からも体臭の改善に働きかけてくれるのです。これほど贅沢なサプリメントは正直珍しい!

 

また、美容成分としてビタミン類も含まれているので美容にもいいので、このサプリメントだけで体の体調も整えられてしまうスグレモノでもあります。

 

モリンガ美臭美人をしっかりと継続して飲めば、腸内環境悪化によるクサい口臭と体臭の対策はバッチリですね!

モリンガ「美臭美人」
公式ページはこちら

参考モリンガ美臭美人の効果!口臭と体臭の解消に効く?

まとめ

肝臓が原因となる口臭と体臭の予防には、「腸内環境」を整えることが大切です。腸内環境を悪化させる便秘は絶対に避けなければいけません。

 

そのためには、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖を摂取することによって腸内環境を整える必要があります。しかし、継続してこれらの栄養を摂取し続けるのは、日本人の摂取量デーらからしてとても難しいと言えましたね!

 

そこで乳酸菌サプリや乳酸菌と消臭成分を一緒に含む体臭サプリメントを利用することで、無理なく手軽に摂取することができます。

 

体臭の根本改善は体の中からです!体臭の発生原理を知って効果的に体臭予防をしましょう!