クロロフィルの体臭への効果!豊富に含まれる食材と効率よく摂取する方法

食事やサプリと体臭の関係

クロロフィルの体臭への効果!豊富に含まれる食材と効率よく摂取する方法クロロフィルは植物の緑色を作り出している物質で、葉緑素とも呼ばれています。実はこのクロロフィル、正しく体内に取り入れることで腸内環境をキレイに整えてくれたり、血液をキレイにしてくれるなど、体臭を消臭・予防してくれる働きがあると言われているのです。

 

そんな驚くべき働きをしてくれるクロロフィルですが、植物の細胞壁で固く守られているため、咀嚼や胃液では細胞壁を壊すことが難しく、体内に吸収することができません。そこで今回は

  • クロロフィルの体臭への効果
  • クロロフィルが豊富に含まれている食材
  • クロロフィルを効率よく体内に取り込むための方法

この3つについて紹介していきます。

クロロフィルの体臭への効果は?

クロロフィルはダイエットや美容に効果があることで有名ですが、他にも免疫力を上げるなどの効果があることが分かっています。体臭を改善しながら得られるクロロフィルの効果について詳しく見ていきましょう。

デトックス効果で腸をキレイにする

腸内環境が悪化すると、腐敗臭や発酵臭がしやすくなり体臭の原因になってしまいます。

 

クロロフィルは善玉菌を増やす働きがある他、食物繊維よりもさらに小さい繊維によって、食物繊維では取り切れない、小腸の絨毛間の有害物質を取り除くことができます。

血液の浄化作用

血中内のコレステロールの量が増えるとベトベトしたニオイやすい汗が出やすくなったり、皮脂の分泌が増えて酸っぱい体臭がでやすくなってしまいます。

 

クロロフィルには血中の悪玉コレステロールを体の外に排出させる働きがあるため、体臭の軽減が期待できます。加えて、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの予防にもつながります。

 

また、クロロフィルに含まれる有機ゲルマニウムはヘモグロビンのように全身に酸素を運ぶ働きがあることが分かっています。この働きによって血行不良による刺激臭の予防にもなります。

抗酸化作用で過酸化脂質によるニオイ対策

体内に取り込まれた酸素の一部は活性酸素に変わり、体内に入ってきた菌やウイルスを撃退してくれます。しかし、多すぎる活性酸素は正常な細胞を攻撃してしまい、細胞の老化や弱化につながります。

 

そして、活性酸素は皮脂の脂肪酸を酸化させて過酸化脂質を発生させます。これは加齢臭などの皮脂臭の原因です。

 

年齢と共に抗酸化力は低下していくので活性酸素は多くなりがちです。また、ストレスや紫外線、タバコなどは過剰に活性酸素が発生させてしまいます。

 

クロロフィルの抗酸化作用があると言われています。これによって体内で過剰に発生した活性酸素による体臭の予防への効果が期待できるのです。

美顔効果もあり?

クロロフィルはビタミンCと結合することで美肌効果があると言われています。

 

他にも、クロロフィルが油に溶けやすいことや殺菌力を利用して、ニキビ肌の改善にも使われています。この美顔効果を目的とした場合にはパックなど、肌に直接使う方法が効果的なようです。

クロロフィルが豊富に含まれている食材は?

クロロフィルが豊富に含まれている食材は?
クロロフィルは緑色の色素を持っているため、つまりは緑色の濃い野菜などを選ぶと良いのです。

 

クロロフィルが多く含まれている食材には、

  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • ケール
  • 小松菜
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • にら
  • 海藻
  • クロレラ

などがあります。

 

しかし、上にも書いたように、これらの食材を食べたからと言って必ずしもクロロフィルの体臭改善効果を得られるとはかぎりません。クロロフィルの調理には少しだけコツが必要なのです。

 

と言っても難しいことはないので調理する時のポイントを見ていきましょう!

クロロフィルを体内に効率よく摂り入れるためには?

調理するときに3つのポイントを気を付けるだけ

調理するときに3つのポイントを気を付けるだけ
効率よく摂取するための調理法のポイントは以下の3つです。

茹でる時には塩を入れて、茹ですぎない

多くの野菜は長く茹でると含まれている栄養分が水に溶けだしてしまいますが、クロロフィルも同様です。ですが、茹でる時に塩を入れる事でクロロフィルの分子が安定するため水に溶けだしにくくなるのです。

 

茹でる時のポイントは以下の3点です

  • クロロフィルを安定させるために塩を入れる(水の1~2%)
  • 茹で時間を短くするために沸騰してから野菜を入れる
  • 野菜を入れた時にお湯の温度が下がりすぎないように、たっぷりのお湯(野菜の5倍程度)を使う

油で炒める

クロロフィルは油に溶け出しやすい性質を持っているのため、吸収しやすくなります。ここでの注意点も熱を加えすぎないということです。野菜炒めにする場合には、他の食材に火が通ってから最後に加えてサッと炒めるだけにしましょう。

生で食べるならスムージーや野菜ジュースにする

スムーザーやジューサーで細かくすることで細胞壁を壊し、クロロフィルを体内に摂り込みやすい状態に出来ます。ちなみに、スムージーと野菜ジュースの違いは、食物繊維を取り除いているかどうかという点です。

 

スムージーは野菜や果物を全て混ぜ合わせたものそのままです。つまり食物繊維も含まれているのでドロっとしていてお腹に溜まる感じがあります。それに比べて野菜ジュースは飲みやすさのために食物繊維を取り除きます。体臭改善とともにダイエットを目指している人にはスムージーがおすすめです。

 

ですが、体調を崩していたり、胃腸の調子が悪いときには消化しやすい野菜ジュースの方がおすすめです。また、小さいお子さんなどに作ってあげるときにも初めての時には野菜ジュースで、慣れてきたらスムージーに変えた方が野菜に対する苦手意識を刺激しないかもしれません。

スムージーや野菜ジュースを作る時にオススメしたい粉末野菜

最近ではケールやスピルリナなど、クロロフィルを多く含んだ食材の粉末状の物が売っています。もちろん、飲み物以外にも、料理に混ぜたり、パン作りに使ったりと色々な使い方ができます。

 

野菜を買い置きできないという時や、腐らせてしまいそうで不安なときにはぜひ粉末を試してみて下さい。

調理が面倒な場合はサプリメントを利用してみる

体の中から体臭対策する場合は、効果を実感できるまでにやはりある程度時間がかかります。また、短期間で大量に摂取するだけでは意味がありません。むしろいいものでも偏った摂り方はよくないです。

 

そのため、続けることがなによりも大切です。そこで役立つのが水と一緒に取り入れるだけなので続けやすいサプリメントです。

 

クロロフィルを含むサプリはたくさんあるので、もしサプリメントをよく利用しているのであれば好きなメーカーで探してみるとあるかもしれませんね。特に体臭予防が目的であれば消臭成分も一緒に含まれているサプリを選ぶといいでしょう。

 

例えばメンズデオ8400です。
メンズデオ8400のパッケージ
鉄クロロフィリンナトリウム、柿渋エキス、茶葉エキス、シャンピニオンエキス、デオアタックの5成分が配合されています。使わている消臭成分の含有量もしっかりと明記されているので、少し配合しているだけではないことが分かります。

  • 鉄クロロフィリンナトリウム1,200mg
  • 柿渋エキス3,000mg
  • 茶葉エキス1,800mg
  • シャンピョニオンエキス1,200mg
  • デオアタック900mg
  • センスピュール300mg

ここで、使われている鉄クロロフィリンナトリウムはクロロフィルと表記が違いますが、これはクロロフィルを体内で吸収しやすいように加水分解した成分です。臭い成分を酸化還元反応によって分解するので、高い消臭効果があると言われています。

 

また、使われている成分は有機食品が原料です。放射能検査もしているので安心して使用できますよ。
詳細メンズデオ8400(旧メンズデオ7200)の効果・口コミ!お得な購入方法は?

メンズデオ8400
メンズデオ8400
  • 鉄クロロフィリンナトリウム、柿渋エキス、茶葉エキス、シャンピニオンエキス、デオアタックの5成分配合
  • オリゴ糖、センスピュール入りなので腸内による臭い予防にも
  • 成分は有機JAS認定の有機食品を使用
一般価格3,375円(税抜)送料324円
定期コース990円~(税抜)送料無料
定期購入割(20%~30%)
初回限定割(20%~70%)

クロロフィルを積極的に取り入れて体臭予防をしよう!

クロロフィルは血中内のコレステロール濃度を下げたり、腸内環境を整えるなど、体の中でニオイ物質が発生するのを抑えてくれます。しかもクロロフィルによる効果は健康にもいいと言えます。

 

調理法のポイントに気をつければ身近な食材で取り込むことができるので、ぜひ積極的に取り入れたいですね。体臭予防にクロロフィルを食生活に加えてみましょう。