性器のニオイが強くなる原因はいろいろある

2015年12月22日

デリケートゾーン

デリケートゾーンはニオイがあって当然です。性器付近にある陰毛はワキガの発生原であるアポクリン汗腺や皮脂腺が密集してますし、常に下着で覆われています。そのため、ニオイがこもるので強いニオイになりやすいのです。

性器のニオイが強くなる原因はいろいろある

他にも、そのニオイを強くしてしまう原因があります。そこでデリケートゾーンのニオイを強くしてしまう原因について紹介します。

デリケートゾーンのニオイは男性よりも女性の方が強い?

体臭は基本的に男性の方が強くなりやすいと言えます。そのため、性器のニオイも男性の方が女性よりもニオイが強いと思われがちですが、実は性器臭に関しては女性の方がキツくなりやすいです。

 

その理由は、性器の構造上の違いです。

 

男性は外に出ていますが、女性は体の内部にあります。女性は外陰のヒダやクリトリスなど凹凸が多い複雑な構造をしているので、ニオイの原因である洗い残しが起こりやすいのです。それに、内部ではおりものや血液などのさまざまな分泌液が常に出ています。これらが混ざり合ってニオイを発するのです。

アソコが臭くなるのは洗いすぎ

性器のニオイが強くなってしまう主な原因は、洗いすぎです。特に、女性はボディーソープや石けんで膣内を洗うと臭くなります。

 

膣内にはデーテルライン乳酸菌という常在菌がいて、膣内を酸性に保ち、菌の繁殖が抑えています。しかし、そこにアルカリ性のボディーソープや石けんで洗いすぎてしまうと膣内が中性化してしまいます。すると、ニオイ物質を発生させる悪い菌が繁殖しやすい環境となり、菌が繁殖しやすい環境ができてしまうのです。菌が繁殖すればそれだけニオイも強烈になります。

 

ですから、意外にもニオイを気にするあまり洗いすぎるのは逆効果なのです!あまり入念に洗わず、汚れを落とす程度の方がいいと言えます。もし膣内を洗うのであれば専用の洗浄剤を使いましょう。

膣内が洗える専用の洗浄剤についての記事を見る

性器にもワキガがある

実は性器にもワキガがあります。それを「スソワキガ」といいます。なぜ性器にもワキガがあるのかというと、性器周辺にはワキガの原因となるアポクリン汗腺があるからです。

 

アポクリン汗腺の汗は、栄養が豊富で菌が繁殖しやすいので、ニオイ物質がたくさん生成されて、強烈なニオイを放ちます。

 

ただ、性器周辺のアポクリン腺は脇の下ほど活発に活動していません。そのため常時ワキガのニオイを放つのではなく、性的興奮やストレスを受けた時などにニオイが目立ちます。

 

デリケートゾーン周辺のアポクリン腺は、ほとんど活動していないのですそワキガでも使えるワキガクリームで十分ニオイを抑えることが可能です。例えば、当サイトでも紹介しているクリアネオはスソワキガに対応しています。公式サイトのリンクを以下に貼っておくので、興味がある方は確認してみて下さい。

すそワキガにクリアネオ

ワキガのニオイを抑えるならクリアネオ!クリアネオの効果は抜群?

また、デオドラントクリームを塗るのが面倒だという方は、電気凝固法でアポクリン腺を無力化することも可能です。電気凝固法は切らないワキガの治療法で、性器周辺のようにアポクリン腺の働きが活発でない場合には最適と言えます。

おりもののニオイの変化には注意

おりもののニオイは、膣内の分泌液が混ざり合うことで発生します。そのため、ニオイを放つのは当然です。

 

しかし、急にニオイが強くなった時は注意しましょう。と言うのもおりもののニオイが強くなるのは、子宮や膣内が炎症を起こしていたり、病気に感染している可能性があるからです。いつもと違うニオイやニオイの程度が強くなった場合は、すぐに医師に相談しましょう。

 

デリケートゾーンのニオイや痒みの対策方法については以下の記事をご覧下さい。
気になる女性のデリケートゾーンのニオイと痒みを抑える対策方法