陰部からアンモニア臭がする原因と対策方法

デリケートゾーン

陰部からアンモニア臭がする原因と対策方法
陰部からアンモニア臭がするという場合には、肌やパンツに尿がついている、尿漏れしている、汗がアンモニア臭いなどの原因があります。

 

陰部がアンモニア臭い場合には「きちんと洗う」ということも大切ですが、原因によっては洗うだけでは不十分な場合があります。

 

原因をきちんと見極めることで陰部のアンモニア臭を効率的に防ぐことが出来ます。今回は、この陰部のアンモニア臭の原因を詳しく見ていくとともに、それぞれの原因に対して効果的なデリケートゾーンへの対策方法について紹介していきます。

陰部からアンモニア臭がする原因は?

陰部からアンモニア臭がする原因は?

尿の拭き残しによるアンモニア臭

女性の陰部は構造的に入り組んでいるため、尿の拭き残しに気を付けなければなりません。特に、アンダーヘアの手入れをしていない場合にはさらに尿が残りやすくなります。

 

また、陰部を正しく洗えていない場合には陰部のヒダの間などに皮脂や尿、汗などの分泌物が混ざり合ってできた垢が溜まっていることがあります。そうするとアンモニアの臭いがより強くなりますし、雑菌が繁殖しやすくなり臭いだけでなく痒みなどの肌トラブルにもつながります。

尿漏れによるアンモニア臭

通常、尿は排出されてからほとんど臭いはありません。しかし、空気や細菌によって分解されると尿素からアンモニアに分解されてしまいます。これが尿漏れによってアンモニア臭がしてしまう原理です。ただ、例外として過度なダイエットや糖尿病の場合、尿が排出されるまでの過程に何か問題がある場合は尿の排出直後からニオイを放つことがあります。

 

女性は男性よりも尿漏れしやすいと言われています。その理由は尿道が男性よりも太く短く直線的だからです。さらに、出産を経験したことのある人の場合は骨盤の底の筋肉と繊維組織がゆるみがちになると言われています。そのため女性はより尿漏れしやすいです。

 

また、運動不足や肥満、老化によっても尿漏れしやすくなると言われています。

クサい汗の発汗による陰部のアンモニア臭

汗にはもともとアンモニアはほとんど含まれていません。しかし、腎臓や肝臓、腸の機能が低下すると、本来は分解されるはずのアンモニアが体内に多く溜まります。その結果、汗と一緒に分泌されやすくなってしまうのです。

 

しかもアンモニアは肌をアルカリ性に傾かせるので雑菌が増殖しやすく、よりニオイを強くさせるので、このクサい汗はニオイをつくる汗でもあります。

尿の拭き残しによる陰部のアンモニア臭対策

尿の拭き残しが原因の場合には、以下の2つが重要です。

デリケートゾーンを正しく洗う

デリケートゾーンを正しく洗う
女性の陰部の構造は複雑なので、適当に洗うとどうしても洗い残してしまう部分があります。デリケートゾーンの洗い方としては以下の手順です。

  1. ボディソープ・石鹸をよく泡立てる
  2. 陰部を泡で包み込むように洗います。ヒダの間などは片方の手でヒダをめくったり軽く引っ張ったりして、もう片方の手の指の腹などで優しく洗います。
  3. 膣の中はデーデルライン桿菌という乳酸菌によって雑菌が繁殖しないように保たれているので、膣の中に指を入れて洗わないようにしましょう。
  4. アンダーヘアの部分は根元部分の肌もきちんと指の腹で洗ってあげます。
  5. 流す時はぬるま湯で、洗った時と同様にヒダの間なども丁寧に洗い流します。

デリケートゾーンを洗う場合には専用の石鹸・ボディソープを使う事で臭いや黒ずみ、かゆみなどの対策になるのでおススメです。
参考デリケートゾーンの臭い・黒ずみにおすすめの石鹸ランキング!

アンダーヘアの手入れをする

アンダーヘアの手入れをする
アンダーヘアがあると尿が残りやすく、手入れをしていないと洗いにくいという欠点があります。自分で手入れをする一番簡単な方法ははさみで切ることです。だいたい2cmくらい残すイメージで切っていきます。あまり短く切りすぎるとチクチクしてかゆみや炎症の原因になってしまうので気をつけましょう。

尿漏れによる陰部のアンモニア臭の対策方法

尿漏れにはいくつかの種類があり、種類によって対策方法も違ってきます。

「腹圧性尿失禁」の場合は骨盤底筋体操が効果的

咳やくしゃみ、重いものを持ち上げる時など、お腹に力を入れた時に尿漏れしてしまいます。出産や運動不足、肥満や老化などによって骨盤底筋が弱くなることによりおこります。この場合、骨盤底筋体操という、尿道の筋肉を鍛える体操をするなどの対策が効果的です。

「切迫性尿失禁」の場合は薬による治療が効果的

尿意を強く感じ、トイレまで我慢できずに漏らしてしまうという症状があります。これは、ストレスや自律神経の乱れによる「過活動膀胱」が主な原因だと言われています。過活動膀胱は40代以上の人に多く見られますが、若くてもその切迫性尿失禁の症状が現れる人もいます。より効果的なのは運動や薬の服用と言われているので、病院で医師に相談するといいでしょう。

「混合型尿失禁」の場合は病院で相談するのがおすすめ

これは上の2つの腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁などの症状が一緒に起こり、閉経後に発症することが多いようです。どのような症状がメインかによって、対策方法も変わってきます。混合型の場合、まずは病院へ行って相談することが大切です。

 

このように尿漏れであっても原因が少し違ってくるのでどのような種類の尿漏れであるかによって対策方法が変わってくると言えます。

 

ですが、共通した対策方法として尿漏れパットの使用があげられます。パンツに尿がついてしまうとズボンやスカートにまで尿がついてしまう恐れがありますが、尿漏れパットを付けていればその心配はありません。

 

尿漏れ対策に生理用ナプキンやおりものシートを使う人もいるようですが、尿と血、おりものはそれぞれ粘度や量が異なるため、尿を吸いきれなかったり、蒸れやすかったりという問題が起きる場合があります。

 

尿漏れパットは尿を吸っても表面がべたつかず、サラサラになるように設計されています。しかもアンモニア臭がしないように消臭剤もついているのでニオイ対策にもなります。尿漏れが気になるという人はぜひ一度尿漏れパットを使ってみるといいでしょう。

クサい汗の発汗による陰部のアンモニア臭の対策方法

汗による陰部のアンモニア臭の対策方法は、体の内部でアンモニア臭が発生しないようにすることが大切です。そのためにも、食事の改善や運動は欠かせません。

定期的に適度な運動をする

定期的に適度な運動をする
アンモニアを多く含むクサい汗は、汗の再吸収が間に合わないことで発汗されてしまいます。つまり、汗腺機能の低下によってクサい汗が発汗されやすくなるのです。なので定期的に適度な運動をして汗をながすことは汗の機能を高め、アンモニアを多く含むクサい汗の発生を防ぐのに効果的と言えます。

 

ただ、運動と言ってもハードにする必要はありません。30分程度のウォーキングや家の中でのヨガやダンスなどでも十分です。それでも大変という人は、半身浴などで汗をかく習慣を付けるのもおススメです。

腸内環境と肝臓にやさしい食生活を心がける

腸内環境と肝臓にやさしい食生活を心がける
アンモニアが多い汗を発汗させないためには腸内環境を悪化させたり、アンモニアを多く発生させる動物性たんぱく質を多く含む食事に偏らないようにすることです。また、アンモニアはどうしても発生してしまいます。なのでアンモニアを分解してくれる肝臓に負荷をかけない食生活も大切です。

 

肝臓の機能を高めるにはバランスよく食事をとるのが一番ですが、とくに体内では生成することができない必須アミノ酸なども意識して摂るといいでしょう。

 

腎臓に良い食べ物はシジミ、豆類、ホウレンソウ、キャベツなどがあります。腸に良い食べ物としては腸内環境を改善してくれるヨーグルトや食物繊維などもあります。

 

できるだけ偏った食生活を避けてバランスの良い食事をとることを意識するようにしましょう。1日に何を食べたのかを意識するだけでもかなり効果ありますよ。

体臭対策サプリを使う

体臭対策サプリを使う
食事の改善や運動はなかなか難しいという人はサプリによって体の内側の臭いを軽減する方法もあります。多くの体臭対策サプリには腸内環境を良くする成分や体内で発生した臭いを消臭する効果的な成分が入っているので、通常の食事による対策よりも即効性と高い効果が期待できます。
参考体臭予防サプリメントは体臭の特徴によって選ぼう!おすすめは?

まとめ

陰部からアンモニア臭がする原因は尿の拭き残し、尿漏れ、クサい汗による臭いという3つでした。陰部を清潔に保ってアンモニア臭を防ぐことはもちろんですが、内臓機能の低下によって起こるアンモニア臭い汗にも注意が必要です。

 

体臭対策用のサプリやクリーム、ボディソープなども使うとより効果的なので、早く臭いを改善したいという人は試してみるといいでしょう。