内蔵が口臭に与える影響!口がクサイのは内臓機能低下のサイン?

口臭

正しい歯磨きや舌磨きなどの口臭対策を徹底しているのに口がクサイってことありませんか?

内蔵が口臭に与える影響!口がクサイのは内臓機能低下のサイン?

それはもしかしたら内蔵が原因の口臭かもしれませんよ。口臭というと口内に注目しがちですが、口臭の中には内蔵機能低下によるものもあります。内蔵による口臭の場合、口内ケアでは口臭を抑えることはできません。対策には内蔵機能を回復させる必要があるのです。そのため内蔵機能低下による口臭の改善には時間がかかってしまいます。

 

なので内蔵による口臭が悪化する前に予防することが大切です。そこで内蔵を原因とする口臭にはどのような種類があるのか?そしてそれぞれの予防と対策方法も解説したいと思います。

胃が原因となる口臭

胃が原因となる口臭は、逆流性食道炎によって胃の中のものが逆流することでニオイを放ちます。胃の中にある消化途中の食べ物が胃液と混ざることでニオイを発するのです。

クサイ口臭の元!逆流性食道炎の原因は?

この逆流性食道炎を引き起こす要因はいくつかあり、それらが合わさって引き起こすと言われています。

下部食道括約筋の機能低下

胃と食道のつなぎ目の部分には下部食道括約筋と言う弁があり、胃の中のものが逆流しないようになっています。そのため通常は胃から口にものが流れないようになっています。しかし、加齢によってこの弁の機能が弱ると胃の内容物が食道に飛び出してしまうのです。この時、胸やけや呑酸、胸の痛みなどを感じます。

食道のぜんどう運動の低下

食道はぜんどう運動によって逆流してきても直ぐに胃の方へ戻せるようになっています。しかし、この蠕動運動が弱ると逆流してきた内容物を胃に送り込むのが遅くなってしまうのです。

お腹の圧迫

肥満によって胃が圧迫されて胃液が逆流しやすくなります。また、肥満でなくてもお腹を圧迫するような姿勢も同じです。

胃液の分泌増加

脂肪、タンパク質、香辛料、カフェイン、アルコールなど刺激物の過剰摂取や食べ過ぎ、ストレスによる自律神経の乱れによって胃液の分泌が増加することで内容物が逆流しやすくなります。

逆流性食道炎による口臭の予防は生活を見直すこと!

逆流性食道炎は日常生活を改善するだけでも予防することができます。それには以下の過剰摂取は避けることです。

  • 脂肪の多い食事
  • チョコレートなどの甘いもの
  • コーヒー・香辛料
  • アルコール

また、タバコと食べ過ぎは胃酸の分泌を高めるので避けましょう。特にタバコは悪臭の塊そのものです。口臭だけでなくあらゆる体臭をクサくしてしまいます。なので禁煙をおすすめします。

 

他には腹部を圧迫する状態もよくないので、前屈みの姿勢を正すことも大切です。

 

最近は若い人でも逆流性食道炎を起こしている人が多いようです。それは食生活が乱れているからかもしれませんね。逆流性食道炎の症状がひどい場合は、薬によって胃液分泌を抑えたり消化運動を改善したりする必要があるため、病院での治療が必要です。

 

普段から意識して生活を見直し、逆流性食道炎による口臭を予防しましょう!

腸が原因となる口臭

腸が原因となる口臭の原因は、腸内環境の悪化です。腸内環境悪化によって悪臭ガスが口臭として排出されてしまうのです。

腸が原因となる口臭

健康な腸は善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれており、悪臭物質がそれほど発生しません。しかし、腸内環境が悪化すると腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が優位になってしまいます。悪玉菌は腸内の食べカスを異常腐敗・発酵させて悪臭ガスを大量に発生させてしまいます。これらのガスが腸粘膜から吸収されて血中をめぐり、肺に届くことで口臭をクサくしてしまうのです。

 

しかも腸内の腐敗成分が入っている血液は、その他の健康にも影響を与えます。例えば、免疫力低下や肌荒れ、吹き出物と言った肌トラブルがあげられます。まさに腸は健康のバロメーターと言えるのです。

腸内環境を悪化させる原因は?

腸内環境を悪化させてしまうのは、主に以下の5つです。

加齢

腸内の善玉菌は赤ちゃんの時が一番多くそれから年齢と共に減り、逆に悪玉菌が増えていくと言われています。そのため歳を追うごとにより腸を意識した生活が大切。

肉類の食べ過ぎ

腸内の悪玉菌の好きな栄養は、たんぱく質や脂肪を多く含む食品です。これらを多く含む肉類やファーストフードの食べ過ぎは悪玉菌をどんどん増やしてしまいます。

便秘

便秘によって食べカスが排便されずに腸内で長時間とどまることで、異常腐敗・発酵が促進され、悪臭ガスが発生しやすくなります。

運動不足

運動不足によって腹筋が衰えると排便を促すための蠕動(ぜんどう)運動がうまく働かなくなります。その結果便秘が起こりやすくなり、結果的に腸内環境が悪化してしまうのです。

ストレス

腸は第二の脳と言われているだけあってストレスによる影響を強く受けます。それは腸の働きが自律神経によって制御されているからです。極度の緊張によって腹痛や胃腸炎が起こるのはそのためと言えるでしょう。特に腸はリラックス時に優位になる副交感神経の時によく働きます。なのでストレスによる交感神経の緊張は腸の働きを悪くしてしまうのです。

腸による口臭を予防するには?

腸内環境を改善するには、タンパク質や脂肪を多く含む食べ物の取りすぎは避け、ストレスの解消、適度な運動を心がけましょう。そして、腸内環境を整える乳酸菌やそれをサポートする食物繊維、オリゴ糖などを積極的に摂取することです。

乳酸菌を多く含む食べ物

ヨーグルト、味噌、漬物、納豆、キムチ

食物繊維を多く含む食べ物

アーモンド、サツマイモ、ゴボウ、コンニャク、キャベツ

オリゴ糖を多く含む食べ物

バナナ、玉ねぎ、キャベツ、はちみつ、りんご

補いきれない分はサプリメントで

昔ながらの日本食は乳酸菌や食物繊維がたっぷりで、悪玉菌を増やすタンパク質と脂肪が低いのが特徴です。できれば毎日昔ながらの日本食にするのが理想ですが、それは難しいのではないでしょうか?それに最近は食の欧米化によって日本食を食べる機会も減ってきていますし・・・。

 

また、乳酸菌は一度に大量に摂取しても効果が高まるわけではありません。毎日継続して取り続けることで効果が発揮されるのです。なので普段の食生活で摂取できない分は、手軽に栄養が補えるサプリメントなどの活用をおすすめします。さらに口臭を弱くするのであれば、茶葉や柿渋などの消臭成分も一緒に取るといいでしょう。
腸が原因の口臭対策に効くサプリメントはコチラ

肝臓が原因となる口臭

肝臓にはアルコールや薬、代謝時に発生した有害な物質を分解して、体に悪影響を及ぼさないように解毒する機能があります。そしてこの解毒機能によって腸内で発生したアンモニアやスカトール、インドールといった悪臭ガスが無毒化されているのです。そのため肝臓が正常に働いている状態では、口臭がクサくなることはありません。

肝臓が原因となる口臭

しかし、肝機能が低下してしまうと解毒機能が弱まり、悪臭成分が腸肝循環によって腸から血中に入り込んでしまいます。その結果、口臭がクサくなってしまうのです。

 

この時の口臭は「ドブのようなニオイ」「ネズミ臭」と言われるほど強烈な悪臭が特徴で、口の中が苦くなるような感覚もあります。さらにアンモニア臭がするようになった場合は、かなり肝臓が弱っている状態と言えます。

肝機能を弱らせる原因は?

肝機能を弱らせてしまう原因は、肝臓を働かせ過ぎることです。それは主に5つあります。

食べ過ぎ

肝臓はたべものから得た糖、たんぱく質、脂肪をエネルギーに変える働きもしています。そのため食べ過ぎは肝臓を疲れさせて機能を弱らせてしまうのです。中でも脂肪とタンパク質の代謝に使われる胆汁は、1日の量が決まっているので油物の食べ過ぎは特によくありません。

過度のアルコール摂取

アルコールの分解は肝臓が行っているので飲み過ぎは肝臓に負荷をかけて弱らせます。

便秘

便秘によって腸内で異常発酵・腐敗が起こり、悪臭ガスが発生します。このガスを解毒しているのも肝臓です。

タバコ

タバコは毒素の塊といえる存在です。タバコの煙と言えばニコチンや一酸化炭素、タールが有名ですが、その他にも200種類以上の有害物質が含まれていると言われています。この毒素を解毒しているのも肝臓なんです。

薬や農薬

農薬や薬も体にとっては有害な存在です。

肝臓による口臭の予防をするには?

肝臓による口臭を防ぐには暴飲暴食を避け、タバコは控え、便秘の改善を心がけましょう。そして肝機能の働きや修復する働きがあるタウリン、オルニチン、良質なタンパク質を含む食べ物を積極的に摂取することです。

タウリンを多く含む食べ物

真ダコ、ヤリイカ、ぶり

オルニチンを多く含む食べ物

しじみ、ひらめ

良質なたんぱく質を多く含む食べ物

ヨーグルト、豆乳、納豆

 

中でもシジミにはオルニチンだけではなく肝臓にいいビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富に含まれています。積極的に取りたい食べ物ですね。
詳しい肝機能を改善する方法はコチラの記事