道具なしで唾液の分泌を促す!口臭に効くツボ押しでニオイ予防

口臭

道具なしで唾液の分泌を促す!口臭に効くツボ押しでニオイ予防
口臭予防に唾液を促すことは大切です。唾液によって口内の雑菌繁殖を抑え、ニオイを予防することができます。この唾液の分泌を促す方法には酸っぱいものを食べたり、ガムを食べたり、口臭サプリを利用するなどいろいろと方法があります。

 

しかし、もしこれらのアイテムがなければどうすればいいのでしょうか?

 

そんなときに役立つのが「ツボ」です。ツボというと体の疲労や肩こりを和らげることでよく使いますが、実は口臭に効くツボもあります。つまり、ツボ押しこそ己の肉体だけで超簡単に唾液分泌を促せる方法なのです。

 

この口臭に効くツボを知っておけば、大事な商談やデートの時など緊張した時などにスマートに口臭予防ができますよ。手軽なので是非試して見てください!

顔にある唾液を促す3つのツボ

口の周りにある3つの唾液腺を刺激することで唾液の分泌を促すことができます。

耳下腺(じかせん)

耳まぶたのやや前方で、奥歯のちょっと上あたりにある唾液腺が耳下腺です。サラサラ唾液を出してくれるので、緊張したときはここを刺激すると口内の乾燥を防ぐことができます。指全体でやさしく押したり円を描くようにマッサージをします。また、この場所には老廃物を流すリンパが通っているので、マッサージすることでフェイスラインをスッキリさせる効果も期待できます。

顎下腺(がっかせん)

あごの下の柔らかい部分にある唾液腺が顎下腺です。サラサラとネバネバの合わさった唾液が特徴。耳の下からあご先までを数箇所押すようにします。

舌下腺(ぜっかせん)

顎先のとんがった部分の内側にある唾液腺が舌下腺です。ネバネバした唾液で、緊張やイライラなどストレスを感じたときに多く分泌されます。口内の皮膚を保護したり食べ物をまとめたりする役割があるので、この唾液も大切な存在です。両手の親指でゆっくり押し上げるように押します。

足にある「湧泉(ゆうせん)」が口臭に効く

湧泉(ゆうせん)は足の裏にあるツボ。土踏まずの少し上の中央、足の指を曲げてへこんだ所にあります。数秒間隔で押して刺激をします。湧泉が暖かくなる程度まで続ければOKです。

 

リラックス効果や唾液を促す作用があると言われ、筋肉疲労の回復にもよく効くとしても有名なツボです。そのため、足の裏だけでなく背中や腰など体の疲労の緩和にも効果的です。また、足の冷えにも効果があるので冷え性の方にもおすすめ!

胃腸の口臭に効くツボ

胃腸の悪化は消化不良による口臭や舌苔を増やして口腔内の口臭の原因になります。胃腸の調子を整えるツボも合わせて使ってみましょう。

大陵(だいりょう)

大陵は手首前面中央の一番へこんているところにあり、胃もたれや口の乾きに効果があると言われています。鎮静作用もあり、緊張しやすい私がよくお世話になっているツボのひとつです。

内関(ないかん)

内関は手首前面の手と手首の境目にあるしわからひじ側に指を3本置いたところにあるツボです。胃痛・乗り物酔い・二日酔いなど消化器系の不調に効果があると言われています。また、ストレス解消作用や鎮静作用もあります。

曲池(きょくち)

曲池はひじを曲げたときにできる横しわの少し外側にあるツボです。押すと少しくぼんでいます。曲池は免疫を高めたり、胃腸をととのえる効果があると言われています。歯痛にも効果があるとされ、虫歯で耐えられないときには役に経つかもしれませんね。