刺激臭がする体臭の原因はこれ!対策方法は?

2017年1月18日

あらゆる体臭に関係すること

刺激臭がする体臭の原因はこれ!対策方法は?
刺激臭がする体臭は単なる汗のニオイではありません。なぜなら、汗はもともと無臭ですし、例え雑菌によって分解されたとしても、少量でツーンと鼻を突くほどのニオイ物質は発生しないはずだからです。

 

では、どうして体臭から刺激臭がしてしまうのでしょうか?今回は刺激臭が発生する原因と対策方法について紹介します。

刺激臭の正体と原因

刺激臭と言うとアンモニア臭のイメージがありませんか?しかし、アンモニアは少量ではそれほど強い刺激臭になりません。アンモニアは刺激臭というよりも酸っぱいような汗臭さの原因と言えるでしょう。

 

実は刺激臭の原因となる臭い物質は、アセトアルデヒドなどのアルデヒド系の物質です。このニオイ物質は低濃度でも鼻を突くような強いニオイを放つ厄介者と言えます。

 

では、なぜアルデヒド系のニオイ物質が発生してしまうのでしょうか?それは、以下の理由が考えられます。

血液の酸素不足によって起こる不完全代謝

血液の酸素不足によって起こる不完全代謝
血液には酸素を全身に届けるという働きがあります。この酸素の供給が十分な時は特に臭い物質は発生しません。しかし、血中の酸素が不足するとアルデヒ系の臭い物質が発生してしまうのです。

 

それは体のエネルギーを作り出すための代謝機能が影響しています。

 

普段私たちの生きるために必要なエネルギーは、TAC回路という酸素を使った代謝機能によってつくられています。しかし、この代謝には酸素が必要不可欠。十分な酸素が無ければエネルギーを作り出すことができません。

 

そこで、酸素が不足した時は酸素を不要とする解糖系という代謝でエネルギーを作り出すようになります。この時に発生する副産物が乳酸です。

 

そして、この乳酸が汗と一緒に分泌され、雑菌によって分解されるとアルデヒド系のニオイ物質になってしまうのです。

お酒の飲みすぎ

アルコールの分解時に発生
お酒は適量であればストレス解消効果もありますし、お酒の種類によってはポリフェノールを多く含むので体臭対策に効果的と言えます。しかし、飲み過ぎは逆効果です。
参考お酒の飲みすぎは体臭をクサくするけど予防にもなる!

 

アセトアルデヒドはアルコールの分解時に発生しますが、少量であれば肝臓で酢酸に分解されて体外に排出されます。そのため、適量であれば問題ありません。

 

しかし、飲みすぎるとその分解が発生量に対して追いつかなくなります。その結果、体内にアセトアルデヒドが蓄積し、血液をかえして汗と一緒に分泌されてしまうのです。

 

なので、お酒をたくさん飲んだ後のあの刺激があるニオイは、アルコールだけの臭いではありません。汗やアセトアルデヒドの臭いが混ざったニオイなんです。

喫煙

喫煙
喫煙はアセトアルデヒドを大量に発生させてしまいます。その理由は、タバコの成分にアセトアルデヒドが含まれているからです。そのため、喫煙をすることは体内にアセトアルデヒドを直接入れている同じことになります。

 

また、タバコにはアセトアルデヒド以外にも硫化水素やアンモニア、ホルムアルデヒドなど数百種類ものニオイ物質が含まれています。まさに悪臭物質の塊。悪臭製造装置と言えるでしょう。

 

さらにタバコの煙には活性酸素も含まれています。これによっても短鎖脂肪酸やノネナールなどのニオイ物質を増やしてしまうのです。

 

このように、喫煙によって体臭がクサくならない訳がないのです。

肝機能の低下は刺激臭のリスクを高める

肝機能の低下は刺激臭のリスクを高める
体内で発生したアセトアルデヒドなどのニオイ物質は肝臓によって無毒化されます。そのため、肝機能が低下はアルデヒド系のニオイ物質が除去されずに残ることになり、刺激臭のリスクを高めることに繋がります。

 

肝機能を低下させる要因には、以下の5つがあります。

  • 暴飲暴食
  • 喫煙
  • 便秘
  • ストレス
  • 食品添加物

刺激臭の対策にはこれらの生活習慣を避けることも欠かせないと言えるでしょう。

 

肝機能を改善させる方法については以下の記事で詳しく解説しています。
便臭のような体臭対策に!肝機能を改善させる方法

刺激臭がする体臭の予防と対策

刺激臭の発生を防ぐには、アルデヒド系のニオイ物質を発生させる原因を避けると同時に、消臭力が高い成分を利用するといいでしょう。

タバコは吸わない、お酒は飲みすぎない

刺激臭に限らず体臭が気になるのであれば、喫煙は避けるべきです。また、お酒は適量にするようにしましょう。

有酸素運動をする

激しい運動は無酸素運動になり、酸素が不十分になってしまいます。酸素を十分に取り入れるウォーキングやサイクリング、ヨガなどの有酸素運動が効果的です。

ヘモグロビンを増やす

ヘモグロビンは酸素を運ぶ働きをしています。なので、ヘモグロビンを増やすことは、血液による酸素の運搬助けることになり、刺激臭の予防になります。

 

ヘモグロビンは鉄分が原料なので、鉄分を多く含む食品を摂るようにするといいでしょう。

  • レバー
  • マグロ
  • 貝類
  • ほうれん草
  • 小松菜

中でも、緑色野菜には葉緑素(クロロフィル)が含まれています。このクロロフィルはヘモグロビンの生成を促すだけでなく、腸内のニオイ物質を排出してくれる作用がある成分のため、腸内が原因の体臭予防にも効果的です。

 

ただ、クロロフィルは野菜の堅い細胞膜に含まれています。そのため、普通に食べた場合は何百回も噛まなければ吸収することができません。なので、ミキサーなどで細かく砕いて飲んだり、サプリなどを利用するといいでしょう。

鉄クロロフィリンナトリウムを摂取する

刺激臭に効果的な消臭成分は、鉄クロロフィリンナトリウムです。この成分はニオイ物質を化学的に酸化分解すると言われており、高い消臭効果があります。

 

クロロフィリンはクロロフィルを体内で吸収しやすいように加水分解した成分です。そのため、ヘモグロビンの生成を助ける働きも期待できます。

 

鉄クロロフィリン入りのサプリは数多く売られていますが、以下のサプリは高い消臭効果があるので他のニオイ対策としても利用できます。

メンズデオ8400
メンズデオ8400
  • 鉄クロロフィリンナトリウム、柿渋エキス、茶葉エキス、シャンピニオンエキス、デオアタックの5成分配合
  • オリゴ糖、センスピュール入りなので腸内による臭い予防にも
  • 成分は有機JAS認定の有機食品を使用
一般価格3,375円(税抜)送料324円
定期コース990円~(税抜)送料無料
定期購入割(20%~30%)
初回限定割(20%~70%)

メンズデオ8400は使わている消臭成分の含有量がしっかりと明記されています。

  • 鉄クロロフィリンナトリウム1,200mg
  • 柿渋エキス3,000mg
  • 茶葉エキス1,800mg
  • シャンピョニオンエキス1,200mg
  • デオアタック900mg
  • センスピュール300mg

これらの消臭成分の配合により、刺激臭の原因であるアセトアルデヒドやノネナール、硫化水素、腐った卵のようなメチルメルカプタンの消臭に有効です。また、オリゴ糖も配合されているので腸内が原因のアンモニア臭が強い体臭予防に効果的と言えます。

 

また、使われている成分は有機食品が原料です。放射能検査もしているので安心して使用できます。

酢を利用する

酢に含まれる酢酸は体内に入るとクエン酸に変換されます。このクエン酸には、刺激臭の原因である乳酸の代謝を促す働きがあるのです。

 

また、酢は飲むだけでもいいですが、入浴剤としても利用できます。酢酸の殺菌作用は雑菌の活動を抑えてくれるので、ニオイ予防に効果的です。さらに、発汗作用もあるので汗腺の衰えによる悪い汗の予防にもなります。

刺激臭がする体臭の原因はこれ!対策方法は?のまとめ

刺激臭のニオイ原因物質は、アセトアルデヒドなどのアルデヒド系の物質です。そして、アセトアルデヒドが発生してしまう原因は以下の3つでした。

  • 血液の酸素不足
  • お酒の飲みすぎ
  • 喫煙

アルデヒド系の臭い物質は少量でも強いニオイを放ちます。そのため、体臭を弱くするのであれば出来るだけ刺激臭の発生は避けたいですね。

 

それには刺激臭の原因を避け、ここで紹介した5つの予防と対策法によって刺激臭の発生を避けるといいでしょう。

 

体臭を根本から消すには体を洗うこと!消臭力が高い体臭対策石鹼で臭いとおさらばできます。
クリアネオボディソープは体臭を消すだけでなく抑えてくれるボディソープ?