汗をかいていないのに臭い体臭の原因と対策方法は?

2017年6月3日

あらゆる体臭に関係すること

汗をかいていないのに体臭が臭い!

汗をかいていないのに臭い体臭の原因と対策方法は?

汗をかいたら臭くなるのは分かりますが、どうしてニオイがするのか不思議ですよね?

 

しかし、汗をかかなくても体臭は臭くなることがあります。その要因として挙げられるのが皮脂が主な原因となるニオイなのです。そこで、この体臭の原因と対策方法について解説します。

皮脂が臭くなる皮脂臭の発生原因

皮脂の臭いが発生するのは、皮膚表面上の場合と皮脂腺内の場合の2つあると言えます。皮膚上で発生するニオイは皮脂膜が広がらなくなることが原因であり、皮脂腺内で発生するニオイは皮脂が酸化されることが原因です。

なぜ皮脂膜が広がらなくなるとニオイが発生するの?

皮脂膜は肌を守っているバリアであり、肌にうるおいや柔軟性、弾力性を与えたり、外部からの雑菌や異物の皮膚内への侵入を防ぐなどの働きをしていると言われています。そのため天然のオイルと言われるほど皮膚環境には欠かせない存在です。

皮脂膜が広がらなくなるから

しかし、この皮脂膜がうまく皮膚上に広がらなくなると雑菌が増えて体臭が臭くなってしまうのです。それを引き起こしているのは、常在菌の減少が影響しています。

 

常在菌は雑菌の繁殖を食い止める働きだけでなくもう一つ大切な働きをしています。それはリパーゼという酵素を出して汗と皮脂を混ざりやすくすることです。つまり、常在菌のお陰で皮膚に万遍なく皮脂バリアを張ることができているのです。

 

そのため常在菌の減少は、皮脂膜をうまく広がらなくして雑菌が繁殖し易い肌環境になってしまうのです。この常在菌が減る要因としては、肌環境を弱アルカリ性にしてしまう以下の2つがあげられます。

  • 洗浄力が強い石鹸での洗いすぎ
  • 悪い汗をかく

なぜ皮脂腺の中で皮脂が酸化されるとニオイが発生するの?

皮脂腺の中で皮脂の構成要素である脂肪酸が過酸化脂質によって酸化されると、イソ吉草酸や乳酸などのニオイ物質を発生させます。これが汗をかかなくても体臭が臭くなるもうひとつの原因です。皮脂からニオイが放たれるので「皮脂臭」と言われています。

 

この皮脂臭は、原因となる過酸化脂質が一度発生すると、連鎖的に脂肪酸を酸化(自動酸化)させて加速的にニオイ物質を生み出してしまうので、結構厄介な体臭です。

 

そのため、この皮脂臭は過酸化脂質と皮脂が多くなった時に発生しやすくなります。または、過酸化脂質は活性酸素が脂質を酸化させた時にできるので、活性酸素が増えた時とも言えますね。具体的には以下のようなことが皮脂の分泌や活性酸素を多くする要因です。

  • 男性ホルモン増加やホルモンバランスの乱れ
  • 過度なストレスを受ける
  • 暴飲暴食する
  • 脂っこいものばかり食べる
  • 加齢

男性ホルモンは男女ともに存在しており、特に女性は更年期やストレスによって女性ホルモンが減ることで皮脂分泌の増加が起こることがあります。また、皮脂腺は毛穴の中にあるので、ニキビなどによって毛穴が詰ることで皮脂の酸化をさせて皮脂臭を発生させます。

汗をかいていないのに臭い体臭の対策方法

皮脂が主な原因となる体臭の対策としては、皮膚の常在菌を死滅させないようにしたり、抗酸化作用がある食べ物やデオドラント剤を使うといいでしょう。

界面活性剤入りの洗浄力が強いボディーソープは避ける

皮膚上にいる常在菌は、体を洗うだけでもほとんど死滅してしまいます。そこに洗浄力が強いボディーソープで体を洗えば、完全に壊滅状態です。常在菌がいなければ、雑菌の繁殖は加速的に増えて体臭をより臭くなりやすくします。ですから、体を洗うときはできるだけ肌にやさしい石鹸を使いましょう。

 

特に、皮脂臭には抗酸化作用があるタンニンなどのポリフェノールを含む石鹸が効果的と言えます。例えば、クリアネオボディソープは高い消臭・抗酸化作用があるタンニンを含む柿渋エキスと茶葉エキスを含むボディソープです。そのため加齢臭などの皮脂臭対策に効果的といます。興味がある方は以下の記事で詳しく使用感や効果などを紹介しているので参考にしてみて下さい。
クリアネオボディソープの効果・口コミレビューはこちら

抗酸化作用があるものを食べる

皮脂を酸化させる過酸化脂質は、活性酸素が元となります。そのため、酸化を防ぐビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質を含む食べ物やサプリメントを摂取すると、皮脂臭の予防になります。

 

ビタミンCやビタミンEは、柑橘類や緑黄色野菜、植物油などに多く含まれていますし、ポリフェノールは茶葉や赤ワイン、果物などさまざまな食材に含まれています。そのため、毎日の食事でいろいろな食材を取り入れればこれらの栄養を摂取することは可能です。

 

もし、毎日の食事で取り入れるのが大変な場合は、サプリメントを利用するといいでしょう。例えば以下のサプリは抗酸化だけでなく、消臭効果もある体臭対策サプリです。抗酸化と消臭の両方からアプローチするので、体臭の改善に効果的と言えます。是非参考にしてみて下さい。

  • 【体臭が弱め~普通】薔薇のエキスが凝縮された「クリスタルローズ」

    【体臭が弱め~普通】薔薇のエキスが凝縮された「クリスタルローズ」

    ブルガリアンダマスクローズを贅沢に使った薔薇サプリメント。薔薇にはアンチエイジングやアロマ効果があると言われていますが、このサプリメントはその薔薇意外にもビタミンEやポリフェノールが豊富なグレープシードオイルなども含まれています。

    成分も自然成分だけなので、安心して食べられるのもいいですね!飲んでから薔薇の香りで癒されました。体臭をいい匂いにしたい方に向いています。

抗酸化作用があるデオドラント剤を使う

普段外出時などに使えるのがデオドラント剤です。皮脂が原因となる体臭には皮脂の酸化を防ぐ、高い抗酸化作用と消臭、収れん効果がある柿タンニンを主成分としているデオドラント剤が効果的と言えます。

 

また、あまり肌に刺激の強いデオドラント剤は肌環境を悪化させる恐れがあります。乾燥や炎症などの肌トラブルは、皮脂の異常分泌を起こしたり、雑菌の繁殖を抑えるための抵抗力を落とす原因です。なので、できるだけ肌にやさしい成分のデオドラントを選びましょう。
参考低刺激で柿タンニンを含むデオドラント「クリアネオ」のレビュー記事