アロマは体臭対策に役立つ!リラックスしながら体臭を消臭できる優れもの

あらゆる体臭に関係すること

アロマは体臭対策に役立つ!リラックスしながら体臭を消臭できる優れもの
アロマといえばリラックス効果があることで有名です。やはり自然の香りは人工では感じられないものがありますね。嗅いでいるだけで癒されます。

 

そんなアロマにはリラックス効果以外にも除菌効果や消臭効果、保湿効果もあるとされ、体臭対策アイテムとして使うことができるのです。でも、アロマにはたくさんの種類がありますし、使い方も色々な方法がありますよね。

  • 「いったいどのアロマを使えばいいのか?」
  • 「どんなふうに使ったら良いのか?」

身近なようで色々と知らないことが多いアロマですが、使い方を間違えるとアレルギーや肌荒れを起こす危険性もあります。

 

そこでここでは体臭対策に効果的なアロマの選び方や活用方法について解説します。

「アロマオイル」と「エッセンシャルオイル(精油)」の違い

「エッセンシャルオイル(精油)」と「アロマオイル」の違い
アロマテラピーとは、植物から抽出した「エッセンシャルオイル/精油」を使ってリラックス、ストレスの解消をしたり、病気の予防や治療を目的とした民間療法です。

 

このアロマテラピーを始めようと思った人が最初に困惑しやすいのが

  • エッセンシャルオイル(精油)
  • アロマオイル/ポプリオイル

の違いだと思います。まずはここの違いをハッキリさせることが大切です。なぜならこの違いを理解しなければ肌に直接つけてはいけないオイルを使ってしまう可能性があるからです。

アロマオイル/ポプリオイルは肌につけない!香りを楽しむもの

まずアロマオイルやポプリオイルはエッセンシャルオイル(精油)や合成香料をアルコールや植物油、鉱物油などで希釈したものです。香水や化粧品や食品に添加されたりもしています。他にも香りだけ似せて作られたものもあり、香りは同じだけれどもエッセンシャルオイル(精油)とは全く違う効果が出てもおかしくありません。

 

簡単に言うアロマオイルは「香りを楽しむもの」で、基本的には肌に直接つけることはNG。

 

しかし、アロマオイルとしてエッセンシャルオイル(精油)を売っていたり、逆にエッセンシャルオイル(精油)と表記しているのに100%天然の素材ではなく、合成成分が混ざっているものもあります。アロマオイルとエッセンシャルオイル(精油)が混同して使われている事が多いので注意が必要です。

肌につけるならエッセンシャルオイル(精油)を

対してエッセンシャルオイルや精油は植物から抽出された100%天然材料のオイルで、それぞれが様々な香りと薬理作用をもってます。

 

そして、肌につけたりするなどのアロマテラピーに使われるのはこのエッセンシャルオイル(精油)です。香りを嗅ぐ他にもお風呂に入れたり、肌に直接塗ったりする使用法があります。

 

ちなみにエッセンシャルオイルと精油は言い方が違うだけで同じものです。

アロマを始める前に知っておきたいこと!

アロマオイルは基本的には香りを楽しむだけのもの。肌に直接つけるならエッセンシャルオイル(精油)を使いましょう。

体臭に効果があるエッセンシャルオイル(精油)は?

体臭に効くエッセンシャルオイル(精油)を選ぶポイントは、臭い対策の基本である以下の作用があるかどうかです。

  • 制汗効果
  • 殺菌効果
  • 消臭効果

それぞれのエッセンシャルオイルによって効果や注意点が異なるので、使用する際には気をつけなければいけません。ここではいくつか体臭ケアに効果的なものを紹介していきます。何を使おうか迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

レモン、ビターオレンジ

殺菌・消毒作用、肌を引き締める制汗作用があります。注意点としてはレモンのエッセンシャルオイルを肌につけて紫外線を浴びると肌に刺激を与える光毒性の成分があります。シミの原因にもなるとされているので、使うときには屋内で光を浴びないように気をつけましょう。

ペパーミント

殺菌・抗菌作用があります。眠気を抑えてリフレッシュさせる作用もあるので仕事や勉強などの集中する前なや朝に使うと効果的です。寝る前には使用を控えるようにしましょう。

サイプレス

殺菌・消毒作用、収れん効果があるので制汗作用もあります。スキンケアとして使用することで毛穴のたるみや皮脂が過剰に出るのを防ぐ効果があります。刺激が強いので、使用する際は濃度に気をつけましょう。

 

ほとんどのエッセンシャルオイルには殺菌作用が含まれているので、その他の作用にも注目して選ぶと良いです。では、次にアロマテラピーのやり方の種類と注意点を見てみましょう。

アロマテラピーのやり方

アロマテラピーの方法は大きく分けて3種類あります。

  • 吸入・芳香浴
  • アロマバス
  • アロマトリートメント

吸入・芳香浴

吸入・芳香浴
エッセンシャルオイルを拡散させて香りを楽しむ方法です。

オイルウォーマー、アロマランプ

オイルウォーマーはキャンドルで、アロマランプは電気の熱でエッセンシャルオイルを温める方法です。キャンドルを使うときには空焚きに気をつけなければいけないので、外出前や就寝前に使う場合には注意して下さい。

加湿器型のディフューザー

水分と一緒にエッセンシャルオイルの香りを部屋に広げてくれます。加湿してくれるので乾燥しやすい時に使うのがオススメです。

空気圧縮式のディフューザー

加湿器型と比べると、水分を含まない分香りが強いです。精油を暖めずに霧状に拡散してくれるのでエッセンシャルオイル本来の香りを楽しみたい人にオススメです。

マグカップ

専用の器具がない場合にはマグカップや桶などの器にお湯を入れて、その中にエッセンシャルオイルを1,2滴入れます。簡単で安全にできる方法です。

布製品

ハンカチやコットンなどにエッセンシャルオイルを1,2滴たらし、鼻に近づけて香ります。肌につけるとシミになる場合があるので気をつけて下さい。外出先でもサッと香りを楽しみたい時にオススメです。

アロマバス

アロマバス
お湯にエッセンシャルオイルを垂らして使う方法です。オイルなのでお湯にそのまま入れても溶けてくれませんが、塩と混ぜるのが良いです。

つくり方

50gの天然の塩にエッセンシャルオイルを2~4滴入れて混ぜるだけです。

作り置きしたら保管に気を付けて

作り置きしても良いですが、光に当たらないように密閉して冷暗所に保存し、2~3週間で使い切って下さい。万が一保存していたもの香りがおかしいと感じた場合には使わずに処分して下さい。

お風呂にゆっくりと入ることで毛穴が開き、皮脂汚れが落ちやすくなるので入浴による体臭への効果を高めることができます。さらにアロマバスによるリラックス効果でストレス解消にも役立ちます。

アロマトリートメント

アロマトリートメント
エッセンシャルオイルを使って肌をマッサージする方法です。アロマトリートメントをする場合には、エッセンシャルオイルを薄めて使わなければいけません。それは原液のまま皮膚につけると刺激が強すぎるからです。

つくり方

キャリアオイルとよばれる油10mlにエッセンシャルオイルを1滴か2滴入れるだけです。

キャリアオイルについて
キャリアオイルはアルガンオイルやホホバオイルなどの天然の植物油です。単体でクレンジングオイルや保湿オイルとしても使えます。キャリアオイルとして使う場合は不純物を含まない100%オーガニック植物油であるものを選びます。

使い方

希釈したアロマトリートメントを手に取り、手のひらで温めるようにしながら臭いが気になるところに塗り広げます。

アロマテラピーの注意点

アロマテラピーをする際の注意点は実はたくさんあります。使用する際は気をつけてくださいね。

こんな人は使用禁止

  1. 妊娠中や年齢によって使用が禁止されているオイルがあるので表示を確認しましょう。
  2. 1歳未満の赤ちゃんには使用禁止で、1歳から7歳の子どもは様子を見ながら芳香浴ができるようです。
  3. 8歳以上では大人と同じようにエッセンシャルオイルを使えますが、量や濃度は大人の半分にして、様子を見ながら使いましょう。

用法・容量についての注意事項

  1. 肌に使う場合にはホホバオイルなどで濃度が1%以下になるように希釈する。
  2. アロマバスにする際にエッセンシャルオイルを入れると効きすぎる場合があるので多くても5滴までにする。
  3. 柑橘系のエッセンシャルオイルは光感作用があり、光に反応して肌を刺激したりシミの原因になるので、肌につけた後数時間は紫外線を避けましょう。
  4. 就寝時にはリフレッシュ系のエッセンシャルオイルを避け、目を覚ましたい時にはリラックス系のものを避けましょう。
  5. 同じエッセンシャルオイルやブレンドしたものを継続して使うと皮膚刺激やアレルギーなどが起きる事があると言われています。同じものを使うのは長くても3週間程度にし、他のものを使うなど工夫が必要です。
  6. エッセンシャルオイルの保管は直射日光を避けて冷暗所に保存しないと酸化などの劣化する原因になってしまいます。きちんと保管し、使用期限以内に使い切るようにしましょう。

まとめ

アロマはリラックス効果に加えて殺菌効果や制汗効果などもあり、体臭対策のアイテムとして効果的です。しかし、効果が高い分間違った使い方をしてしまうと肌を痛めたりする原因にもなってしまいます。

 

簡単そうで実は奥の深いアロマテラピーですが、安全に楽しみながら体臭対策に取り入れられると良いですね。