加齢臭対策・ケアに最適な体の洗い方

2017年6月2日

加齢臭

加齢臭対策・ケアにおいて体の洗い方は大切です。間違った洗い方ではニオイを抑えることが難しくなります。

加齢臭の対策・ケアに最適な体の洗い方

加齢臭を防ぐ正しい洗い方は、発生場所を重点的に丁寧に洗いつつ、洗いすぎによる肌の乾燥や肌荒れを防ぐことです。

 

そのため、加齢臭対策石けんをただ使うだけでなく、ゴシゴシ洗うのを避けるなどの正しい洗い方の実践も欠かせません!ここではそんな加齢臭対策に効果的な石鹸と体の洗い方について紹介します。

加齢臭が発生する場所を重点的に洗う!

加齢臭を抑えるには、ニオイが発生する場所を重点的に洗うことです。それには加齢臭が発生しやすい場所を知る必要があります。

 

加齢臭が発生しやすい場所は、皮脂が多く分泌される場所です。例えば、顔のTゾーンや耳の後ろ、首筋、脇、背中、胸などがあります。中でも、耳の後ろはや背中は目視できないので意識していないと洗浄が十分でなかったり、石けんの洗い残しが起こりやすい場所です。皮脂や汚れが溜まったり、石鹸の洗い残しはニオイの元となります。なので、特にこれらの場所は意識して洗うようにしましょう。

 

また、意外と見落としがちなのが脇の下です。脇の下はワキガの原因となるアポクリン腺が多く、体の中でも蒸れやすい場所と言えます。ワキガと加齢臭が合わさるとニオイが強烈になるので、ワキガ体質の方は特に注意が必要です。

体は泡でやさしく洗う

体を洗う時に、ナイロンタオルなどの刺激が強いもので擦ると肌を痛めますし、加齢臭を悪化させてしまう恐れがあります。ゴシゴシと洗うと確かにスッキリして気持ちいいですが、それは一時的なものです。

 

このような洗い方は、必要な皮脂まで取り除き、皮膚のうるおいや臭いの発生を抑える働きをしてくれる皮脂膜の形成が不十分になってしまいます。すると、皮脂の過剰分泌を引き起こし、逆に加齢臭を悪化させてしまう恐れがあるのです。これでは洗っても直ぐにニオイが発生するようになってしまいます。

石けんの泡

ですから、毎日アカスリで強く擦るのは避け、使用するアカスリも肌にやさしい綿やシルクといった天然素材のものを使うようにしましょう。最初は洗えているか不安に思うかもしれませんが、ゴシゴシ擦らなくても細かい泡であれば毛穴に入り込んで汚れを取り除いてくれます。

 

特に最近の石鹸・ボディーソープは洗浄力が強過ぎるものが多いので、泡で転がすだけでも十分汚れは取れます。泡立てネットで一度泡を立ててから使うとキメ細かい泡がつくれるのでオススメです。

 

溜まった垢は、石鹸を使わずにお湯だけで擦って取れば十分と言えます。

朝シャワーが加齢臭には効果的

夜寝ているときに、人間はコップ1杯もの汗をかいているといわれています。なので、朝起きた時は体に汗と皮脂がいっぱいついている状態です。

 

特に加齢臭の原因物質であるノネナールは、皮脂腺内での酸化によって発生します。そして、皮脂が酸化してニオイを放つには約12時間といわれています。

 

つまり、朝起きた時の皮脂をそのままにしておくと昼頃には加齢臭が目立つようになってしまうのです。

シャワーを浴びる

そこで効果的なのが朝シャワーです。シャワーで余分な皮脂を洗い流せば、夜までノネナールの発生を抑えることができます。朝シャワーの場合は石けんで洗う必要はなく、ぬるま湯で流すだけで十分です。これなら忙しい朝でも手軽にできます!

 

ただ、洗ったあとは十分に乾かしてから外出しましょう。体や髪の毛が濡れていると外気の排気ガスなどのニオイを吸着してしまいます。

加齢臭に効果がある石鹸を使う

加齢臭に限らず体臭全般に言えることですが、体の洗浄にはボディーソープは避けて基本的に石鹸を使用します。なぜなら、ボディーソープは洗浄力が高く、肌への刺激が強い界面活性剤などの成分が含まれているものが多いからです。

加齢臭に効果がある石鹸を使う

界面活性剤入りのボディーソープが加齢臭を強くする理由!

界面活性剤入りのボディーソープが加齢臭を強くする理由は、「皮脂を過剰に除去してしまうこと」と「常在菌へのダメージが大きいこと」の2つが引き起こされるからです。

皮脂を過剰に除去してしまう

洗浄力が強すぎるボディーソープを使うと、汚れだけでなく肌環境を正常に保つために必要な皮脂まで除去してしまいます。すると、体は乾燥を防ぐ為に皮脂の分泌を促してしまい、結果的に肌が脂性になってしまいます。加齢臭の原因であるノネナールはこの皮脂の分泌とともに発生するので、その分臭いも強くなるというわけです。

常在菌へのダメージが大きい

市販に多い洗浄力が強過ぎるボディーソープで体を洗うと、皮膚環境を守っている皮膚常在菌にも大きなダメージを与えます。常在菌の力が弱まれば、雑菌の繁殖がしやすくなり、より臭いが発生しやすくなってしまいます。

なぜ加齢臭を抑えるには石鹸がいいの?

石鹸は弱アルカリ性ですが、肌の汚れや皮脂と混ざると中和して洗浄力を失い、程よい洗浄力に抑えることができます。

 

一方、洗浄力が強過ぎる市販のボディーソープは、調整されているので変化せず、そのままの洗浄力を保ちます。その結果、洗いすぎになってしまうのです。また、液体なのでつい液をつけ過ぎてしまいます。これも洗いすぎになってしまう要因のひとつと言えます。

 

ですから、基本的に加齢臭対策では石鹸がいいのです。もしボディーソープを使うのであれば洗浄液の出し過ぎに気を付け、界面活性剤を使用していない製品を選ぶといいと思います。さらに保湿成分を含んでいると、皮脂の異常分泌や雑菌の繁殖を抑えることができます。

加齢臭を抑える石鹸ってどんな特徴があるの?

加齢臭を抑えるのに効果がある石鹸には以下のような特徴があります。

  • 石油系界面活性剤不使用
  • ポリフェノール、柿渋、炭などの消臭成分が配合
  • 保湿成分が配合

体を洗うときは肌に優しい石けん素地の洗剤を使うことをおすすめします。石けんは歴史が非常に長く、紀元前2800年ごろから使われているほどです。その歴史の長さからも、安全性の高さを物語っていると言えるでしょう。

 

特に加齢臭対策に効果がある石鹸・ボディソープは、界面活性が不使用なものや消臭、保湿効果がある成分を含んでいる石鹸です。特に加齢臭は皮脂の酸化が原因なので抗酸化作用が高いタンニンなどのポリフェノールが含まれていると効果的です。
参考加齢臭対策におすすめの石鹸・ボディソープランキング!

 

体臭の予防に効果がある石鹸については以下の記事でも解説しているので、確認してみて下さい。
体臭予防に効果的な石鹸の選び方!