加齢臭の解消にデオドラント剤は必須?効果があるのはコレ!

2017年1月18日

加齢臭

加齢臭を解消するための対策方法はいろいろありますが、中でも即効性と効果が実感しやすいのがデオドラント剤の使用です。ただ、デオドラント剤であればなんでもいいという訳ではありません。より高い効果を得るには、加齢臭に合ったものを選ぶ必要があります。

加齢臭の解消にデオドラント剤は必須?効果があるのはコレ!

ここでは加齢臭に効くデオドラント剤について紹介します。

手軽に加齢臭を解消するにはデオドラント剤が必須?

加齢臭の対策にはさまざまな方法がありますが、中でも即効性が高いのはデオドラント剤だといえます。使用したその時からニオイを抑えることができるからです。しかも、消臭力が持続するものを使用すれば、長時間ニオイを抑えることができます。

 

一方、石鹸や食事方法ではその両方を兼ね備えていません。石鹸は即効性がありますが持続力にかけますし、食事方法は体質自体を変えることになるので効果がでるまでに時間がかかります。

 

ですから、より早く、しかも手軽に加齢臭を変えるためには、デオドラント剤の使用がなくてはならない存在といえるのです。

どんなデオドラントを選ぶべき?

加齢臭に効くデオドラント剤は、保湿成分と抗酸化物質を含むものが最適です。

抗酸化物質が配合されている

加齢臭は皮脂の酸化によってニオイ物質ノネナールを発生させます。そのため、この酸化を防ぐ作用がある抗酸化物質入のデオドラントは加齢臭に最適です。特に、柿渋は強い抗酸化作用があるとされるポリフェノール一種カキタンニンが豊富に含まれています。さらに、柿渋は収れん、消臭・抗菌作用もあります。

消臭力が強く持続力がある

加齢臭は汗臭さと違って雑菌の繁殖が主な原因ではありません。そのため、殺菌力よりも消臭力を重視です。また、効果の持続力も大切です。

肌へのうるおい成分が豊富

肌の乾燥は加齢臭を悪化させます。うるおいを与えて皮脂分泌を抑えることは加齢臭の解消にとってとっても大切な要素です。

無香料タイプ

香りが加齢臭と余計にクサくなる恐れがあるので、無香料を選びましょう。ただ、柑橘系の香りは加齢臭と混ざってもクサくならないといわれています。

加齢臭に効果的なデオドラント剤はコレ!

加齢臭に効くポイントをもっているデオドラント剤は、クリアネオです。クリアネオは、抗酸化作用があるポリフェノールの一種カキタンニンが配合されています。その消臭率は高く、加齢臭の原因であるノネナールに対して消臭率89.2%カットが実証されています。

クリアネオは加齢臭にも効果的

子供やデリケートゾーンでも使えるように無添加・無香料で肌にやさしいつくりになっています。さらに保湿や抑臭作用がある7種類の天然植物エキスも配合されています。確かに塗っても刺激がなく、ボディクリームのような肌にやさしい使い心地でした。

 

主にワキガ対策クリームとされていますが、肌乾燥による加齢臭悪化の予防にも効果的です。ニオイを長時間消すにはNo1のデオドラントと言えるでしょう。

 

ただ、デオドラントは消臭というよりもニオイの発生を抑えるもの。使用前は汗や皮脂などを洗ったり、ふき取ったりして清潔にしてから使うことが大前提です。

 

定期購入であれば永久返金保障も付いています。気に入らなければ1回で解約することがコツです。

クリアネオ
公式ページで詳細を見る

クリアネオの効果を徹底検証!本当にワキガを抑えてくれるクリームなの?

加齢臭に効果なし?避けるべきデオドラント剤はこれ!

では逆に加齢臭を悪化させてしまう恐れがあるデオドラント剤の特徴についても解説します。以下の特徴があるデオドラント剤は避けた方がいいでしょう。

肌のうるおい成分がない

加齢臭の解消においてうるおい成分は外せない項目です。肌のうるおい成分がないデオドラント剤は避けましょう。なぜなら、加齢臭は皮脂の酸化によって皮脂腺から放たれる体臭だからです。

 

皮脂の分泌が多くなれば加齢臭を悪化させます。この皮脂分泌を過剰にする原因のひとつが肌の乾燥です。肌が乾燥することで体は余計に皮脂分泌を促してしまうのです。

香りが強い

加齢臭はとても強いニオイを放つ体臭です。強い香りでマスキングしようとしてもなかなか太刀打ちできません。たとえ強い香りで上乗せできたとしても最初はいいかもしれませんが、除去にポマードのような独特なニオイが復活してしまうでしょう。

 

特に甘い香りと加齢臭は相性最悪です。混ざると余計にクサくなります。

殺菌作用だけに特化

加齢臭の場合は単なる汗臭さの雑菌繁殖と違って皮脂自体からニオイを発しています。そのため、表面上を殺菌するだけのデオドラントだと汗臭さは防げても加齢臭を解消することはできません。

デオドラント剤は清潔にしてから使う

デオドラント剤を使用するときはできるだけ清潔にした状態で使用しましょう。汗や汚れが付いていると効果が発揮できませんし、酸化した汗や皮脂と混ざるとニオイを悪化させてしまいます。

 

なので、デオドラント剤はお風呂上がりか、デオドラントシートやウェットティッシュなどで汚れや汗を拭き取ってから使用することが大切です。

 

また、デオドラント剤を全身に使用するのは避けましょう。汗は体にとって体温調整という重要な役割があります。そのため、全身の汗を抑制してしまうのは体にとってよくありません。

 

加齢臭の場合は皮脂腺から発生するノネナールが原因なので、皮脂が多く分泌される耳の後ろ、首筋、脇、背中、胸にポイントを絞ってケアすると効率的に加齢臭を解消することができます。

 

デオドラントはあくまで一時的に臭いを抑えるだけのものです。根本的に臭いを消すにはやはり石鹸であらうことが一番と言えます。特にノネナールへの消臭力が強い加齢臭対策石鹸を使うとより効果的です。こちらも一緒に忘れないようにしましょう。
加齢臭対策におすすめの石鹸・ボディソープランキング!