頭皮の臭いに効くシャンプーの選び方と特徴!おすすめは?

2017年12月27日

頭の臭い

頭皮の臭いに効くシャンプーの選び方と特徴!おすすめは?頭皮のニオイを防ぐためには正しいシャンプー方法の実践が欠かせません。そして洗い方よりも重要なのが使用するシャンプーです。

 

なぜなら使用するシャンプーによってニオイが発生しやすい頭皮環境になるかそうでないかが決まると言っても過言ではないからです。そのため、シャンプーをしっかりしているのにニオイが気になるというという方はもしかしたら使っているシャンプー選びが間違っているのかもしれません。

 

では頭皮のニオイを防ぐシャンプーはどのような特徴があるのでしょうか?そこでここでは頭皮の嫌なニオイを防ぐシャンプーの選び方と特徴について解説します。

洗浄力が強すぎるシャンプーが頭皮を臭いやすくしている?

頭皮の臭いを消すならできるだけ洗浄力が強いほうがいいのではないか?と思ってしまいますよね。ですが、洗浄力が強すぎるシャンプーは逆に臭いやすくしてしまう原因になる言えます。その理由は2つあります。

①洗浄力が強すぎると臭いを防ぐ抵抗力を低下させてしまう

①洗浄力が強すぎると臭いを防ぐ抵抗力を低下させてしまう頭皮から嫌なニオイがする主な原因は、頭皮が不衛生になっていることにあります。しかし、それだけではありません。実は洗い過ぎも逆にニオイの原因になるのです。

 

その理由は頭皮に存在する表皮ブドウ球菌という常在菌が死滅してしまうからです。

 

人間の皮膚には常在菌と雑菌が存在しています。雑菌は皮脂や垢などを分解することでクサい臭いを物質を発生させますが、常在菌は逆にいい匂いを放つ脂肪酸を発生させたり、肌環境を弱酸性にすることで雑菌の増殖を抑えてくれる存在です。

 

そのため常在菌はニオイ対策を考える上で欠かせてはいけない存在なのです。人間が自らつくる天然の香水とも言えるでしょう。

 

両者は常に勢力争いをしており、その力は数で1匹でも多くなった方が優位になります。例えば常在菌1億に対して雑菌1億1だったら雑菌が優位になります。

 

雑菌と常在菌のバランスが大切常在菌は皮脂を主にエサにしていますが、雑菌はシャンプーの残りカスや塵などなんでも食べます。また、空気場にもいろんな菌が存在しており、それも加勢することで雑菌は常在菌よりも繫殖力が高いです。そのため時間と共にどうしても雑菌が優位になってしまいます。

 

ですから常在菌を完全に死滅させてしまうということは雑菌を増やしやすくし、ニオイを発生させやすくしてしまうということになるのです。

②乾燥によって頭皮環境が悪化しやすくなる

洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで流してしまいます。皮脂は常在菌を増やしたり、皮脂膜という乾燥や刺激から守るためのバリア機能を形成するのに欠かせません。

 

皮脂膜が十分に形成されなければ乾燥によってフケが増えます。雑菌が大好物のフケが増えればニオイも発生しやすくなるのです。さらに雑菌の増加や乾燥によって痒みが起きやすくなります。掻いて頭皮に傷がつけば炎症を起こし、雑菌が増えやすくなります。

 

また皮脂は大切な存在なので洗い過ぎによって足りなくなると、体は皮脂を補おうとより出すようになります。適度な皮脂はニオイを防ぐことに役立ちますが、多すぎる皮脂はニオイを強くする原因です。

 

皮脂は多すぎず少なすぎない適度な量がベストなのです。

頭皮の臭い対策に効くシャンプーの特徴は?

頭皮の臭いに効くシャンプーの特徴は以下の3つです。

  • 洗浄成分の主成分がアミノ酸系で構成されている
  • 刺激が強い成分ができる限り少ない
  • 頭皮環境を整えるのに役立つ成分や消臭成分が含まれている

特徴1 洗浄成分の主成分がアミノ酸系のシャンプー

特徴1 洗浄成分の主成分がアミノ酸系のシャンプー
洗浄を得意とする界面活性剤には大きく分けて3つに分けることができます。

洗浄力主な成分特徴
高級アルコール系高い
  • ラウレル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 泡立ちが非常にいい
  • 皮脂を落としすぎる恐れあり
  • 刺激も強いので敏感肌の人には向いていない
石けん系中くらい
  • 石けん素地
  • カリ石鹸素地
  • アルカリ性で洗浄力あり
  • 皮脂汚れに効果的
  • 髪の毛がきしむ
アミノ酸系低い
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • 弱酸性で肌にやさしい
  • 保湿性あり
  • 肌の弱い方や乾燥肌の方に向いている

洗浄力の高さは高級アルコール系が一番高く、その次に石けん系、最後にアミノ酸系になります。市販のほとんどのシャンプーは高級アルコール系シャンプーですが、頭皮のニオイに効果的なのはアミノ酸系シャンプーです。

 

もちろん石けん系も皮脂の汚れを落とすという点で優れている界面活性剤なのですが、以下の点からアミノ酸系の方が優れています。

  • アミノ酸はもともと皮膚を構成する成分なので刺激が一番少ない
  • 保湿性があるので乾燥を防いでくれる
  • 弱酸性なので髪の毛がパサつきにくい
  • 石けんよりも泡立ちがいい

アミノ酸シャンプーは肌に優しいので洗浄力は少し弱いと感じるかもしれません。ですが、シャンプーの方法によって肌に優しく汚れをキレイに落とすことができます。

 

ただ、アミノ酸シャンプーであっても中にはそうでない種類もあるので選ぶ際には注意が必要です。

アミノ酸配合シャンプーとアミノ酸シャンプーに気を付けよう

アミノ酸配合シャンプーとアミノ酸シャンプーに気を付けよう
アミノ酸シャンプーにも

  • Aアミノ酸配合シャンプー
  • Bアミノ酸シャンプー

の2つの種類に分けることができます。

 

Aのアミノ酸配合シャンプーは基本的に洗浄力の強い石油由来の高級アルコール系の界面活性剤を使用したり、石けんなどを主成分にしています。肝心のアミノ酸は少量使用しているシャンプーです。そのためほぼ高級アルコール系シャンプーと言えるでしょう。

 

一方Bのアミノ酸シャンプーはアミノ酸系の界面活性剤を主成分に使用しているシャンプーです。

 

もしアミノ酸シャンプーを使うのであればBのシャンプーを選ばなければ、普通のシャンプーとほとんど変わりありませんので注意しましょう。

 

それを防ぐためにはやはりパッケージの表記だけでなく、ちゃんと成分表を見て使われている洗浄成分をみることです。Aアミノ酸配合シャンプーには成分表に高級アルコール系の「ラウリル硫酸~」、「ラウレス硫酸~」、「スルホン酸~」が記載されています。

 

なのでもしアミノ酸系の「ココイルグルタミン酸~」や「ラウロイル~」が記載されていたとしてもこれらの成分があればアミノ酸配合シャンプーということになります。

特徴2 刺激が強い成分ができる限り少ない

シャンプーには洗浄や頭皮環境を整えるという成分以外にもいろんな成分が使われています。中でも刺激が強かったり頭皮にいいとは言えない成分は過度に避ける必要はありませんが、できるだけ避けた方がいいです。

着色料

シャンプーとはいえ色がきれいだと髪もきれいになるのでは?と思ってしまいがちです。シャンプーの色を着色料で白い色にしたり、いかにも髪によさそうなグリーンに染めたりなどメーカーによっては視覚に訴えるものもあります。

 

ですが着色料が入っていることで頭皮にいい効果は期待できません。中には刺激が強い成分もあるので避けるたほうがいいでしょう。決して見た目で判断しないようにしましょう。

シリコン

多くのシャンプーの中にシリコンが入っているのは、洗いあがった後にツヤを出すことができるからです。シリコンは医学的に安全だと言われているので、過度に気にする必要はありません。

 

ですがシリコンは主に髪のツヤを出したりする洗い心を良くするために使われており、頭皮のためではありません。

 

もちろん多少保湿効果もありますが、すすぎが足りないとシリコンが頭皮に残ると負荷がかかります。現在ではシリコン以外でも十分洗い心地を良くしてくれる成分もあるので、敢えてシリコンシャンプーを使う必要はないです。

特徴3 頭皮環境を整えるのに役立つ成分や消臭成分が含まれている

程よい洗浄力と低刺激性は頭皮環境を整えるのに役立ちますが、さらに保湿を補ったり血行を促進する植物エキスやハーブなどの成分が含まれるとより効果的です。また、消臭効果がある成分が含まれていれば臭いを消すのに役立ってくれます。

よく使われる主な消臭成分

よく使われる主な消臭成分

  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • よもぎ
  • ローリエ
  • 柿渋エキス
  • 茶葉エキス

これらの消臭成分には抗酸化作用もあるので、皮脂の酸化によるニオイ消しに役立ってくれます。特に加齢臭対策に効果的です。

よく使われる主な保湿成分

よく使われる主な保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • シロキクラゲ多糖体
  • モンゴンゴオイル
  • ユズセラミド
  • オリーブ油などの植物油

保湿成分は髪の毛のきしみを防いでくれるので、洗い上がりをよくするのにも役立ちます。

頭皮の臭いに効くおすすめのシャンプーは?

頭皮の臭い対策に効くシャンプーの特徴を踏まえていくつかのおすすめのシャンプーを紹介します。

ハーブガーデンシャンプー

まず一番のおすすめはハーブガーデンシャンプーです。
ハーブガーデンシャンプーの口コミ・検証!頭皮の臭いに効果的なシャンプーなの?

価格容量備考
通常:4,000円(税抜)
定期:2,000円(税抜)
300ml初回特典で送料無料キャンペーン
定期は1回目から解約・休止可

ハーブガーデンシャンプーは東大博士号取得の研究者が頭皮の健康を考えて開発された髪と同じアミノ酸系の洗浄剤でつくられたノンシリコンシャンプーです。

 

100%天然由来にこだわっており、防腐剤も使用しない徹底ぶり。もちろん防腐効果がある成分は使っています。それはハーブエキスです。ハーブエキスをシャンプーの主成分である水の代わりに使っているのです。そのためBGやパラベンなどの防腐剤が苦手な人でも安心して使うことができます。

  • ローリエ:フケ防止・頭皮を整える効果
  • バジル:髪を清潔に保つ効果
  • カモミ:ル-リフレッシュ効果
  • ヨモギ:かゆみ防止効果
  • ミント:髪を清潔に保つ効果
  • ローズマリー:髪をサラサラにする効果

ただし、防腐効果は市販品よりも高くないので開封後6ヶ月以内に使うことが推薦されています。

 

人工香料も使っておらず、香りはラベンダーとオレンジの精油を使っているのでほのかに天然アロマの香りで癒されます。洗った後はスッキリしますが乾燥しすぎてない感じで気持ちがいいです!

 

その他7種類の保湿成分や10種類の植物エキスといった頭皮ケア成分も豊富に含まれています。敏感肌~脂性肌に対応しています。

 

定期購入では初回半額の2,000円になり、しかも1回目から休止・解約できます。もう約1年使っていますがいまのところ文句なしです!

ハーブガーデンシャンプー
公式サイトで詳細を見る

詳細ハーブガーデンシャンプーの口コミ・検証!頭の臭いに効果的なシャンプー?

haru黒髪スカルプ・プロシャンプー

haru黒髪スカルプ・プロ

価格容量備考
通常:3,600円(税抜)
定期:2,880円(税抜)
400ml送料無料
30日間全額返金保証あり
定期は1回目から解約・休止可

haru黒髪スカルプ・プロシャンプーは天然由来成分100%で頭皮の環境を整え、強く美しい髪を育てるのを助けてくれるアミノ酸系洗浄成分が主成分のノンシリコンシャンプーです。

 

8種類の育毛成分や6種類の頭皮ケア成分が使われており、頭皮環境を整えるのを助けてくれます。

 

さらに旭化成が開発したジラウロイルグルタミン酸リシンNaなどの髪のダメージ補修と、コーティングを果たしている成分が使われているのでリンスやコンディショナーが不要です。

 

実際に使ってみたところ確かにリンスがなくてもしっとりの洗い上がりでした。さすがにリンスやコンディショナーには分けるとは思いますが、リンスやコンディショナーが面倒な方にはおすすめですね。

 

また、白髪予防のためにヘマチンという補修成分も配合しています。黒髪をつくる元に働きかけてくれるそうです。ただ、これを使うことで白髪が明らかに改善されるというと難しいと思います。おまけ程度で考えるのがちょうどいいかと・・・。

 

香りは柑橘系でグレープフルーツ果皮油、オレンジ果皮油、レモングラス油が使われており、スッキリしています。柑橘系なのでくさい臭いと混ざって変な臭いになる心配ありません。天然植物エキスだから季節とかによって香りが若干変わるので、楽しさもあり!

haru黒髪スカルプ・プロシャンプー
公式サイトはこちら

薬用スカルプディープクリアシャンプー

スカルプディープクリアシャンプー

価格容量備考
2,592円(税込)500ml送料無料
医薬部外品
シャンプーとコンディショナーのセットがお得!

薬用スカルプディープクリアシャンプーはより臭い消しに特化したタイプの高い洗浄力、消臭力が特徴の医薬部外品のシャンプーです。

  • 炭:消臭
  • 柿タンニン:防臭、収れん
  • 茶エキス:保湿、脱臭
  • クマザサ:抗炎症、消臭、静菌
  • セージエキス:血行促進、抗菌、抗炎症

また、有効成分として抗炎症作用、抗アレルギー作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。そのため医薬部外品なので高い効果が期待できます。すでに頭皮に炎症やかゆみがある方には先に紹介したシャンプーよりも早い段階で効果が実感できるでしょう。

 

香りはスッキリとしたマリン系でした。香りからして男性向きだと思います。炭が入っているからか黒い液体ですが、泡立てると真っ白になります。洗い心地は普通かなというレベルです。

 

ただ、洗浄成分にはラウリル硫酸Naとラウレル硫酸Naを使っているので脂性肌向きと言えるでしょう。実際、洗い流した後はしっかりと汚れと臭いを落としてくれる感じでした。しつこい臭いもバッチリ消し去ってくれます。

 

とにかくしつこい汚れと臭いをきれいサッパリ落としたい方におすすめのシャンプーですね。

スカルプディープクリアシャンプー
公式サイトはこちら

シャンプーの後のケアも大切にしよう

シャンプーの後は必ずドライヤーで乾かしましょう!そのまま放置して生乾きにしていると頭皮が蒸れて菌が繁殖したり、毛穴が詰まったりフケやかゆみの原因にもなります。

  1. シャンプー後タオルで十分髪や頭皮の水分をやさしく押さえるように取る
  2. ドライヤーで乾かす(少し遠めにして髪を分けながら頭皮をしっかり乾かすように)
  3. 髪の毛は乾かしすぎない。全体の80%くらいが乾く程度にする

頭皮の臭い対策に効くシャンプーでくさい臭いとおさらば!

頭皮の臭い対策に効果的なシャンプーの特徴は以下の条件がそろっているシャンプーです。

  • 洗浄成分の主成分がアミノ酸系で構成されている
  • 刺激が強い成分ができる限り少ない
  • 頭皮環境を整えるのに役立つ成分や消臭成分が含まれている

しっかりとシャンプーをしているのに痒みや頭皮トラブルが起こるということは合っていない可能性があるので、シャンプーを替えた方がいいでしょう。人によって皮脂量や肌の強さが違うので、自分に合ったシャンプーが見つかるといいですね。

 

同時にシャンプー方法やシャンプー後のケアもするとより効果的です。脂臭い頭皮の臭いとはおさらばしましょう。