足が臭くなる原因!足のニオイをより強烈にする理由とは?

2015年12月12日

足の臭い

1日中歩き回った時などに、靴を脱ぐと、「うっ、クサイ」。

足が臭くなる原因!足のニオイをより強烈にする理由とは?

ブーツを履いたときは、特に足の臭いニオイが目立ちます。そんなに歩いてなくても、知人の家におじゃまする時や座敷の席での外食時に靴を脱いだ瞬間、足のニオイが自分でも分かるくらい漂うことも。

 

実は、足のニオイも気になる体臭の一つと言われています。そこで足のニオイがなぜこれほどクサくなるのかを発生原因と共に理由も解説します!

足の臭いがクサくなるのは汗以外にも原因があった!

あの強烈なニオイの原因は汗にあると思うかもしれませんが、それだけではありません。確かに汗をかくことでニオイは発生しています。

足の臭いがクサくなるのは汗以外にも原因があった!

しかし、それだけではないのです。むしろより強烈な足のニオイを作り出しているのは別にあるのです。それが靴です。ではなぜ靴が足のニオイをより強くしてしまうのかを説明します。

 

足の裏は体の中でも最も汗腺(エクリン汗腺)が集中しており、汗をよくかきます。1cm2あたり汗腺(エクリン汗腺)が300個近くもあり、他の部位の手のひらや額と比べるとダントツで多く存在しているのです。

 

ここで疑問に思うのがでは手のひらはなぜ足のようにクサくならないのか?です。

 

確かに、手のひらや額は汗腺が多く、足の裏と同じくらい汗をかきやすいと言えます。しかし、これらの部位はほとんど外気に触れています。外気に触れることで雑菌が繁殖しやすい蒸れが起こりません。

ニオイ物質を生み出す雑菌がどんどん繁殖

対して、足の裏は靴下や靴などで密閉されています。おそらくほとんどの人が1日の大半を何かで覆っているでしょう。この密閉状態が続くことによって発汗された汗が体温によって温められ、高温多湿の状態になるのです。

 

しかも密閉した空間では、汗に含まれる重炭酸イオンが急増します。重炭酸イオンが増えると、足の裏がアルカリ性に傾き、ニオイ物質を生み出す雑菌がどんどん繁殖します。その結果、より悪臭が発生しやすくなるのです。

足のニオイが強烈なのは原因物質にも関係がある

足の臭いはすごくクサイので、ワキガと同じではないかと勘違いされる方もいるかもしれません。しかし、実は足の裏にはアポクリン汗腺がありません。

 

それにも関わらず強烈なニオイが発生するのは、先に説明した細菌が繁殖しやすい環境以外にも、もう一つ理由があります。

 

それは、足の裏に発生する主なニオイ物質が「イソ吉草酸」のためです。このイソ吉草酸は、少量で強烈なニオイを発する物質です。しかも、ニオイは残りやすく、角質に定着してしまうので表面を洗っただけではなかなか取れない厄介なやつと言えます。

 

ですから、できるだけイソ吉草酸が足の裏に定着しないように足のニオイ対策は徹底しましょう。でないと足にイソ吉草酸がどんどん蓄積していってより強烈になってしまいます。

 

そして足のニオイの強さは、イソ吉草酸がどれくらい汗に含まれているかが影響していると言われています。つまり、汗に含まれるイソ吉草酸が多いほどクサくなるのです。

足のニオイ物質の正体

この汗に含まれるイソ吉草酸の含有量は遺伝的要素があると言われています。なので、同じ環境下でも人によってニオイの強さが違ってきます。

 

これは遺伝的な要素なのでどうしようもないので、足の臭いケアを徹底するようにしましょう。

心の汗「精神性発汗」も足のニオイを強烈にする

精神性発汗とは?

汗が多い症状といえば多汗症ですが、中でも特に足の裏だけ多汗症になる人がいます。これは「精神性発汗」という緊張や興奮によってかく汗が影響しています。

 

この汗は精神的に落ち着けば止まるのですが、汗をかいていることを気にしすぎると余計に汗が出る特徴があります。そのため汗をかきたくないと思うほど、汗が止まらない悪循環に陥り、多汗症になってしまうのです。

 

そのため足の多汗症に悩む人には、真面目、完璧主義、神経質などの人が多いと言われています。つまり、精神性発汗で悩んでいる方はそれだけ周りに気を使っているということですね。

なぜ精神性発汗が足を臭くするのか?

この精神性発汗がなぜ足をクサくする原因になるかというと、汗が一気に発汗されるからです。汗は発汗される時に再吸収というミネラル成分を汗腺に戻してから発汗されます。

 

しかし、精神性発汗のように一気に汗が吹き出るとそれが追いつかなくなります。ミネラル成分を多く含んだまま汗が発汗されてしまうのです。

 

汗に栄養分が多いということはそれだけ雑菌のエサが増えます。そのため、通常の体温調整時に発汗される汗よりもニオイが生成されやすいのです。

精神性発汗を防ぐには?

精神性発汗を防ぐには、腹式呼吸によって交感神経の緊張を解してあげることで汗を抑えることができます。

腹式呼吸をしてリラックス

腹式呼吸をすることで、自律神経が密集している横隔膜が刺激されて副交感神経が優位になります。その結果、発汗を促す交感神経を鎮めることで、汗が抑えられるのです。

 

つまり精神性発汗を防ぐには、副交換神経を優位にすることが必要と言えます。この副交換神経を優位にすることは、ストレス解消とも関係しています。

 

興味がある方は以下の記事で、腹式呼吸以外の方法についても紹介しているので興味がある方は確認してみて下さい。
ストレスによる体臭の原因と対策方法

まとめ

足ニオイが臭くなる原因は、汗や皮脂だけでなくその環境やニオイ物質、精神性発汗が関係しています。特に、足の臭いは蓄積しやすいので、日々のケアが大切と言えます。

 

ここでは主に原因を解説しましたが、足のニオイ対策についても紹介している記事があります。より詳しく解説しているので、是非今後の足対策の参考にしてみて下さい。
これで足の臭い予防は完璧!徹底対策でクサイ臭いとさようなら!